ホーム>業務の案内>相続

遺言相続

相続は、知り、備え、守るものに

相続はかなり自由です。しかし、紛争になるとルールが現れます。

争いの有無は財産の多寡にはかかわりません。人は同じものを見ていても違う景色が写っているものです。

もしかすると、家族の出来事であるからこそ、ルールに従った解決が一番近道なのかもしれません。

相続

経済の成長期が過ぎて社会が成熟し、少子高齢化している現在において相続は大きな関心事です。

それは単に財産の取得ということに留まらず、家族の歴史や思いが刻まれているからかもしれません。

相続は一生に何度も経験することではありません。そして、思っているよりも事前に準備できることがたくさんあります。

相続の前でも、後でも、まずは相続の仕組みを知ってみることです。

まずは知ることから始め、そして、解決への道へ歩み出されることを願っています。

相続の解説〜もっと詳しく知ろう〜