相続>事業承継>何を承継させる?

何を承継させる?

ここまでに、承継させるものとしていくつかものが出てきました。

ノウハウ系
経営理念・経営ノウハウ・技術・人望・信頼

地位確保に関するもの
株式

経営継続に必要なもの
事業に必要な個人資産・健全な資産状況・取引先の信用・従業員

そもそも何を?
会社・事業・財産

ほかにもあるでしょうが、とりあえず思いついたものはこのくらいですかね。

これらをどうやって承継させるかは次のところで解説しますが、ここでは最後の「そもそも何を?」のことを書いてみます。

会社は、目的とする事業がありますので、会社を承継するということは事業も資産も(負債も)承継することを意味します。

会社の場合は、所有と経営が分離していますので、会社を承継したと言えるためには、経営権を押さえて、かつ、その地位の基盤を確立しなければなりません。

そのため、承継しうる地位と権限は、株主構成や各株主の意向によって様々で、ぜい弱な基盤の経営権しか承継できないということもあるでしょう。

もちろん、法的な経営権の問題のほかに、従業員や取引先から信頼・信用してもらえるかどうかという、経営そのものも課題も待ち構えています。

一方、個人事業の場合は、事業を引き継ぐということ自体は法的に複雑ではなさそうです。

しかし、事業が小さいほど、その事業への信頼は経営者個人に帰属していますので、継いだといっても簡単に信頼・信用してもらえるとも限りません。

そういう意味では、何を承継させるかについては、目に見えない部分が大事な要素だといえます。

会社の経営権を承継させても、それをきっかけに特殊な技術を持っていた先代の弟子が会社を辞めてしまうかもしれません

そんなことなら、その弟子と子どもとの共同出資の会社を別に立ち上げておけばよかったかもしれませんし、そもそもその弟子に経営権を承継させて、子どもには株主として配当を受けられるようにしてやるだけでよかったかもしれません。

大事だったのは、先代の弟子の気持ちだったかもしれません。

また、経営権は引き継がず、事業だけ承継させる方法もあるでしょう。

事業譲渡などは分かりやすいですが、もっと目に見えない形で事業だけ承継していくこともありえます。

例えば、子どもに別会社を設立させて会社の一部門を担わせ、徐々に大きく育てていって、元の会社は縮小に向かわせるといったことも。

この場合は、時代と共に変わる事業環境に応じて、時間をかけて事業承継していったともいえそうです(図らずもそうなる、というケースも含めて)。

子どもにまったくやる気がなく、他に会社・事業を承継する相手が見当たらず、自分の代で事業を廃止するということもあるでしょう。

そんな場合でも、その過程で従業員が独立したなんてときは、それも一つの事業承継といえます。

オーナーの一族に利益があるかないか、が事業承継の基準ではありません。

この場合では、その従業員が、経営のノウハウ、取引先の信用、場合によっては他の従業員、などの事業の大事な部分を承継しているといえます。

そこまでくると、子どもに自分の生き様を見せる、なんてのも、ひろーい意味で(人生の)事業承継といえそうです!

そこまでいくと冗談としても、何を承継させるかを意識することが大事だ、ということです。

借金だらけの会社でも、そこから引き継ぐべきものを取り出して育ててあげれば、前途有望かもしれませんよ。