相続>相続人>子がいない人の注意点

子がいない人の注意点

それほど難しいことを言うつもりはありません。

要は、遺言書を書きましょう、ということです。

誰が相続人?で解説しましたが、ご夫婦に子がないと、夫(妻)が相続するだけでなく、それに加えて、被相続人の両親か、両親が亡くなっている場合には兄弟姉妹が相続することになります。

ご高齢のご夫婦の一般例でいえば、夫が先立ち、妻と夫の兄弟姉妹が相続する、というケースが多いでしょう。

奥様とご実家のご兄弟が、とても円満なら言うことはありません。

ただ、年月を経てくると各家庭の経済状態も様々になるものです。

また、兄弟姉妹の中には既になくなっている方もいて、代がわりしているなんてこともあります。

奥様と甥っ子、姪っ子がよく会っていて、とても円満なら言うことはありません。

ただ、普通は、代も違えば疎遠になっているものです。

最近では、面倒をみるためだけに養子縁組をするというのも少なくなってきたように思います。

そこで、やはり子のないご夫婦は、お互いに遺言書を書いておきましょう、ということです。

遺留分の細かい説明は省きますが、子のないご夫婦がお互いに遺言書を書いておけば、兄弟姉妹に相続されることはありません。

また、夫婦がお互いにではなくても、面倒を見てくれる人(たとえば近くにいる姪っ子とか)に遺言書できっちりと応えてあげるということも可能です。

さらには、生前においても、どちらかが一人になった後のことも考えて、信頼できる親戚の一人に任意後見人になってもらうために、任意後見契約を結んでおくというのもありうるかもしれません。

最近では、信頼できる弁護士に自分や伴侶の判断能力が低下した後の財産管理をまかせるために任意後見契約を結ぶ方もおられます。

生前にできることも多いのです。

子がないご夫婦こそ、お互いのために備えておくことをお勧めしています。