相続>相続分>法定相続分

法定相続分

ここは、知っている人は知っている、法定相続分(ほうていそうぞくぶん)のお話です。

相続分というのは、相続する際にどの割合でわけたらいいか、という相続人の取り分のことを言います。

誰が相続人?のところで解説した手順で相続人を確定したら、次は相続分を割り出すことになります。

民法の原則では、相続分は被相続人又はその委託を受けた第三者の指定によって決まるとされていますが、遺言書でもない限り指定されていないことがほとんどです。

法律で定められている相続分のことを法定相続分といいますが、これを割り出すことから相続分の計算は始まります。

まずは、難しいことを書かずに、誰が相続人?のところで使った図に、法定相続分を書き込んでみましょう。

図の読み方の基本ルールはこうです。

図1(配偶者と子)

まずは、子一人のケース。

子どもが二人だとこう。
子どもは、子ども全員で2分の1。

前妻の子がいたりすると、こう。
みんな嫡出子なら、子ども同士は平等。

認知していると、こう。
認知しただけの非嫡出子は、嫡出子の半分になるように割り振られます。

死亡したときに離婚していれば、相続人ではない。



図2(配偶者と親)

親は生きていれば二人とも相続人。
養親がいればそれも親。
配偶者が3分の2、親全員で3分の1となるように分けます。

片方なら片方だけ。

配偶者がいない場合には、親だけで全部を分けます。

図3(配偶者と祖父母)

親が全員亡くなっていると、祖父母。
配偶者は、3分の2。



図4(配偶者と兄弟姉妹)

両親やその上の世代がすべて亡くなっていると、兄弟姉妹へ。
配偶者は、4分の3。
4分の1を兄弟姉妹で分けます。

配偶者がいなければ、兄弟姉妹で平等に分けます。
ただ、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹が相続する場合には、その人の相続分が半分になるように分けます。

図5(子の代襲相続①)

子に孫があり、子が祖父母より先に亡くなっていると、祖父母→孫。
これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。
ひ孫、玄孫・・と永遠に生じます。


図6(兄弟姉妹の代襲相続)

代襲相続は、兄弟姉妹の子にも起きる。


ただし、兄弟姉妹の子まで。

ここが、孫・ひ孫と違うところ。


はい。

ご自身のケースが当てはまるものがありましたか?

ここは関心の高いところですから、皆さんもだいたいはお分かりですよね。

ただ、兄弟姉妹のあたりで、良く分からなくなった方もいるかもしれません。

これらの法定相続分は、基本的なルールを手順に沿ってあてはめることで計算できます。

ここからややこしくなりますが、説明してみましょう。

手順① 相続人をグループごとに分類します。

種類は、配偶者、子、親、兄弟姉妹の4つです。

親が全員亡くなっている場合には祖父母が代わります。

手順② パターン別によって配偶者の法定相続分が決まります。

 配偶者と子=1/2 と 1/2

このときの「子」は、子ども全員で、という意味です。

 配偶者と親=2/3 と 1/3

このときの親は、親全員で、という意味です。

親が全員亡くなっている場合で祖父母が生きている場合には、祖父母全員で親の分が分配されます。

 配偶者と兄弟姉妹=3/4 と 1/4

このときの兄弟姉妹は、兄弟姉妹全員で、という意味です。

手順③ 子、親、兄弟姉妹の中で、それぞれ均等に分配します。

ただし、非嫡出子がいる場合には嫡出子の半分になるように分配します。

また、兄弟姉妹の間で相続が起きる場合、父親違い(母親違い)の兄弟姉妹には半分になるように分配します(図に例はありません)。

さらに、子、兄弟姉妹が亡くなっている場合等(死亡・欠格・廃除)には、代襲相続します。ただし、兄弟姉妹の代襲相続は1回だけ。

ということです。


わかりました(笑)?

最後のあたりで嫌になりましたね。

ですが、さらに、ここから少し応用編です。

上で書いたルールは、今の民法のルールです。

昔は違いました。

まず、戦前(昭和22年5月2日まで)の民法では、家督相続の制度がありましたので、それが使われている場合には法定相続分のとおりではありません。

また、家督相続がされていなくとも、子がある場合には配偶者には法定相続分がありませんでした。

次に、戦後(昭和22年5月2日から昭和55年12月31日まで)は、配偶者には常に相続分が認められる現在の制度になりましたが、その相続分は子どもがいる場合で1/3でした。

上でいうところの手順②のそれぞれのパターンで、
 配偶者と子=1/3 と 2/3
 配偶者と親=1/2 と 1/2
 配偶者と兄弟姉妹=2/3 と 1/3
だったということです。

これが、昭和55年の改正(昭和56年1月1日から)で、今の法定相続分になりました。

このときに兄弟姉妹の再代襲がなくなったことにも注意が必要です。

さて、ここまできて、ようやく法定相続分がわかります。

一度で頭に入った方は、ぜひ弁護士になることをお勧めします(^^)

ここも、誰が相続人?と同じように、自分のところだけ分かれば、それで良しとしましょう。

ただ、誰かの相続が終わらないままに、また相続が起きたなんていう場合は、この相続分の計算がそれぞれの相続に起きているので、そうなるともうわけがわからなくなりますね。

そういうときは(わけのわかる)弁護士に相談してくださいね。