相続>相続放棄>今から放棄できる?

今から放棄できる?

ここでは、相続放棄の熟慮期間と、単純承認になってしまう場合について少し詳しく解説することにしましょう。

まず、熟慮期間について

3か月をどこから計算するかについては、相続放棄をしたいのところで解説した通りです。

このほかにも、制度上3か月の期間を延長する制度があって、「利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる」とされています。

相続財産が資産・負債ともに膨大で調査に時間がかかるとか、相続人が海外にいて帰国予定が先だとか、相続人に後見人をつけて相続を放棄する予定があるとか、被相続人が交通事故の加害者(被害者)で賠償額がまだ未確定だとか、そういう場合に熟慮期間を延ばしてくれるようです。

次に、単純承認になってしまう場合について

相続放棄も限定承認もしなければ、単純承認とされます。

単純承認は、相続するというのと同じ意味ですので、これまでで解説したところに従って、相続の手続きを進めていってもらえば結構です。

問題は、こういうことをしてしまうと、もはや相続放棄も限定承認もできませんよ、という意味での「単純承認になってしまう場合」です。

しかたがないので、民法を見てみましょうか。

(法定単純承認) 第九百二十一条

  次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。

一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

二 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。

三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。

こうありますね。

わかりやすいのは「処分したとき」ですよね。

賃貸も、一定の期間を超える場合は処分と見られているようです。

ここは、相続財産の管理のところの処分行為や管理行為の区別と違っているようですので注意が必要です。

裁判例は、「自己のために相続が開始したことを知って行った処分」だけが単純承認の効果を生じるとしています。

最判昭和42年4月27日
たとえ相続人が相続財産を処分したとしても、いまだ相続開始の事実を知らなかつたときは、相続人に単純承認の意思があつたものと認めるに由ないから、右の規定により単純承認を擬制することは許されないわけであつて、この規定が適用されるためには、相続人が自己のために相続が開始した事実を知りながら相続財産を処分したか、または、少なくとも相続人が被相続人の死亡した事実を確実に予想しながらあえてその処分をしたことを要するものと解しなければならない。

なので、被相続人が亡くなっていたことを何も知らずに処分していた、という場合は単純承認にみなされません。

被相続人の財産なので、被相続人が生きてるか亡くなっているか分からずに処分する、というのも普通に考えるとおかしな話ですが、ずっと前に親から他人に貸しているお金の回収を頼まれていたのが回収したころには、いつの間にか亡くなっていた、なんてこともあるのでしょう。

「処分したとき」には次のようなものが当たると考えられています。
 ①被相続人が有していた貸金を取り立てた場合
 ②被相続人が有していた高価な物を売却・贈与した場合
 ③賃貸物件の賃料を取り立てるために口座の名義変更をした場合
などなどです。

なお、受取人が指定されている生命保険金をもらっても、ここでいう処分したときにはあたりません。

これは、生命保険金が受取人の固有の財産とされているためです。

もし、生命保険金は無関係?で解説したように、生命保険金が相続財産とされる例外的なケースでは処分したときに当たってしまうでしょう。

ここで大事なのは、生命保険金が処分にあたらないということは、生命保険金だけもらって、借金は相続放棄で免れるということができるということです。

退職金請求権の支給規定で遺族の固有の請求権としている場合も同様です。

二番目に書かれているのは、熟慮期間内に相続放棄か限定承認をしなかったときには相続する、ということです。

3か月以内に相続放棄しなさい、というのと裏返しですね。

最後に、限定承認や相続放棄をした後でも、それにふさわしくない行為をした場合には、相続したことにしちゃうということが(三)に書かれていますね。

借金があって、相続人が相続放棄した場合には、残りの相続人が義務を負うか、誰も相続人がいなくなれば相続財産管理人が債務の弁済の任務にあたることになります。

そうして債権者への弁済がなされるというのに、相続放棄等をしたやつが、財産を隠したり、消費したりするなんてとんでもないことです。

なので、そういうやつには相続放棄の効力を否定して、単純承認(相続)したことにするぞ、というわけです。

これも、なさそうで、あるんでよね。結構。

ただ、相続放棄したけども、身の回りの物を親族で形見分けをした、という程度であればこれには当たらないケースが多いようです。

もちろん、金の延べ棒を形見分けとか、ゴッホの絵画を形見分け、なんてのはダメでしょうね。