相続>相続放棄>全員放棄するとどうなる?

全員放棄するとどうなる?

妻が放棄し、子・親・兄弟姉妹が放棄すると、通常、相続人はいなくなります。

親族みんなが相続を放棄したというのですから、被相続人には、たぶん借金があったか、ありそうだ、不明だ、といった状況の方だったのでしょう。

そうすると、その被相続人に何も資産がなければよいのですが、家、預金、自動車などがあった場合はどうでしょう?

家族が処分しちゃいますか?

ダメですよね。

今から放棄できる?で解説したばかりです。

相続人が処分してしまうと、単純承認したとみなされて、借金も含めて相続してしまいます。

なので、全員が債権放棄をしたら、何も処分しない、が正解です。

困ったのは、債権者です。

目の前には債務者が所有する不動産がある、自分には債権がある、なのに誰も家を処分する権限のある人がいない。

これでは、競売をかけるにもかけられません(相手がいないので)。

困った債権者は、家庭裁判所に泣きつきます。

やさしい家庭裁判所は、相続財産管理人というのを選任して、被相続人の相続財産の管理にあたらせることになりました。

こうして出てくるのが相続財産管理人です。

相続財産管理人は、競売手続きを受けて立ったり、銀行預金を解約したり、自動車を売却したりして相続財産を管理します。

一方で、ほかに相続人や債権者はいないかー?ということを官報という国の出している雑誌を使って呼びかけます。

そうして相続人がほかにないことや債権者を確定したのち、現金化された資産を、被相続人の債権者に平等に分配して、終わりです。

この過程で、内縁の妻らに、いわゆる特別縁故者として相続財産の分与がなされることもあります。

そのため、この相続財産管理人の手続は、相続人が誰もいない場合に、内縁の妻らが特別縁故者の制度を使うために申し立てることもあるのです。

そうやって、分配し、それでもなお財産が残る場合はめでたく国が没収です。

このとき残った財産は相続人にはもらえません(抜け道として、相続放棄をした相続人が特別縁故者として分与を受けるという可能性がありますが)。

もし、もしかすると借金より財産の方が多いかも、と思う場合は初めから、相続放棄ではなく限定承認を利用するべきでした。

全員が相続放棄をした後に、思ったより借金が少なかったり、新たに相続財産が見つかったり、思ったより高く売れたりということがあって、財産の方が多くなることもたまにあります。

「あぁ、限定承認しておけばよかった」と思っても、リスクがあると思ってした相続放棄ですから、仕方がないですよね。

私も担当することのある相続財産管理人ですが、皆様にはなじみもないでしょうからここでは詳しくは説明しません。

知りたいという方は、ぜひご相談にいらしてください。