相続>遺言>何を書けばいいの?

何を書けばいいの?

何のために書くの?では、えらく抽象的な話から始まりましたが、遺言書の話です。遺言書には何を書いてもいいのですが、法的に効力が生じる記載事項は決まっています。

なにしろ、遺言書に効力が生じるときには本人は亡くなっているのですから、きっちり書いてもらわないことには、困ります。

まず、最初にだいたいどこでも説明している法定遺言事項、つまり法律で決まっている遺言に書けることリスト、を見ていきましょう。

最初は細かいですが、だんだん絞っていきますので、このあたりはサラサラと読み飛ばしても結構です。

遺言書で効力を持つ事項

 ①相続分の指定及び指定の委託
 ②遺産分割方法の指定及び指定の委託、遺産分割の禁止
 ③特別受益の持ち戻し免除
 ④相続人相互の担保責任の指定
 ⑤推定相続人の廃除及びその取り消し
 ⑥相続欠格の宥恕
 ⑦遺留分減殺方法の指定
 ⑧遺贈
 ⑨遺贈義務者の負担割合の指定
 ⑩一般社団法人設立のための定款作成
 ⑪信託法上の信託の設定
 ⑫認知
 ⑬未成年後見人の指定、未成年後見監督人の指定
 ⑭遺言執行者の指定及び指定の委託
 ⑮遺言執行者の職務内容の指定
 ⑯祭祀承継者の指定
 ⑰無償譲与財産を親権者・後見人に管理させない意思表示及び管理者の指定
 ⑱生命保険金受取人の変更
 ⑲遺言の取り消し

これらのうち、遺言でなくてもできるものは、③と【⑤⑧⑩⑪⑫】です。

【⑤⑧⑩⑪⑫】は、これを遺言に書いた場合に遺言の執行というのが必要になります。

また、そのうち必ず遺言執行者に執行させなければならないのは、⑤⑫です。

なので、⑤⑫のときは遺言執行者(いごんしっこうしゃ)というのを選任しておく必要があります(選任していない場合は、あとで家庭裁判所が選任してくれます)。

【⑤⑧⑩⑪⑫】以外は、遺言書の中で書くことで効力を生じさせるものです。

すでに解説がややこしくて、読む気がしませんね。

このあたりの技術的なことは、そのうち具体例の中で解説しましょう。

遺言書に書く内容は、ひとまず、次のような項目と理解しておけばいいでしょう。

 ①② 相続人の間での遺産の分け方
 ③⑦ 相続人間で特別受益とか遺留分とかの問題が生じそうな場合の対処法
 ⑤ 相続人を廃除(はいじょ)したいかどうか
 ⑧⑨ 相続人以外にも遺産をあげるかどうか
 ⑫ 遺言書で認知したい子供がいるか
 ⑬ 自分亡き後、幼い子供の後見人を定めたいか
 ⑯ 遺骨やお墓を引き継ぐ人を指定したいか

通常は、廃除(「相続の資格がない?」参照)とか、遺言で認知とか、未成年後見人とかのことは関係ない人が多いと思うので、もっと絞り込むと次のような項目でしょう。

 

 ①② 相続人の間での遺産の分け方
 ③⑦ 相続人間で特別受益とか遺留分とかの問題が生じそうな場合の対処法
 ⑧⑨ 相続人以外にも遺産をあげるかどうか
 ⑯ 遺骨やお墓を引き継ぐ人を指定したいか

さらには、相続人以外にあげるつもりはない、お墓のことは話し合って決めてほしい、ということであれば、こうなります。

 

 ①② 相続人の間での遺産の分け方
 ③⑦ 相続人間で特別受益とか遺留分とかの問題が生じそうな場合の対処法<

結局、相続人間での遺産の分け方の問題が残ります。

このうち、①②⑦は遺言書でなければできませんので、やっぱり、遺産の分け方については遺言が大事、ということになるのです。

では、①②③⑦を少し詳しく見ていきます。

ここまで読み飛ばした方もここからは読みましょうね。


まず、①(相続分の指定及び指定の委託)です。

これには民法の条文があります。

(遺言による相続分の指定) 第九百二条

  被相続人は、前二条の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。ただし、被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。

2 被相続人が、共同相続人中の一人若しくは数人の相続分のみを定め、又はこれを第三者に定めさせたときは、他の共同相続人の相続分は、前二条の規定により定める。

いきなり、前二条の規定にかかわらず、と書いてあってはどうしようもないのですが、この前二条は、法定相続分の定めのことです。

つまり、法律に書かれた法定相続分にかかわらず、遺言で、相続人の相続分を割り振ったり、それを決めるのを誰かに(遺言で)頼んだりできますよ。

ただ、遺留分までは取り上げられません、ということです。

わかりやすいですね。

親が亡くなり、兄弟二人の相続で、遺言書に
 「遺言者は、次のとおり相続分を指定する。兄・2/3、弟・1/3」
とあれば、そうなる、というわけです。

相続人がこの二人だけなら、弟の遺留分は1/4です。

遺言書で指定された相続分は、1/3ですから、遺留分の規定に違反せずに有効になります。

次に、条文の2項は、全員分書けばいいのに、相続人のうち一部だけに相続分の指定をした場合は、残りは法定相続分に従って割り振りします、という条文です。

例えば、先の例で母がいるとして、法定相続分でいえば、母1/2、兄1/4、弟1/4ですよね。

そこで、遺言書が見つかり
 「遺言者は、次のとおり相続分を指定する。弟1/3」
とだけあったとします。

この場合、母と兄が「他の共同相続人」ですから、法定相続分に従います。

母と兄だけいるとすれば、法定相続分は母1/2、兄1/2です。

遺言書で弟に全体の1/3がいっていますので、残りの2/3について、母1/2、兄1/2とします。

なので、最終的には、母1/3(2/3×1/2)、兄1/3(2/3×1/2)、弟1/3となると思われます。

なんだか、兄も得しちゃいましたね。

でも、そういう結論になるということでしょうがないように思います。

「遺産をすべて、弟に相続させる」なんていう遺言書も、遺産すべてという場合はこの相続分の指定と考えてよいでしょう。

この場合は、残りがないので法定相続分で分けようもありません。

当然、母や兄の遺留分を侵害しています。

ちなみに、相続分の指定は債務についても指定できると考えられていますので、指定された相続分に従って債務を承継することになります。

ただ、その指定は共同相続人の間での負担割合を決めるだけで、指定された債務の相続分は債権者には対抗(主張)できないという考え方が有力です。

そのため、債権者は、指定された相続分に従っても請求でき、法定相続分でも請求できる、と考えられています。

相続分の指定は、ほかにも第三者に委託する方法が条文に書いてあります。

信頼できる伯父に委ねるとか、顧問弁護士に委ねるとか。

委ねられた人は、それを引き受けて相続分を指定することもできますし、その仕事を引き受けないこともできます。

遺言書で委ねるので、こっそり遺言書を書いていたりすると、委ねられる方も知らされていないということもありえます。

委ねられた人がその仕事を拒否した場合は、法定相続分に従ってしまうと思われますので、よほど頼もしい人でない限りは、遺言書で指名して委託するだけでなく生前にしっかり頼んでおく必要があるでしょう。


次に、②(遺産分割方法の指定及び指定の委託、遺産分割の禁止)です。

これも条文があります。

遺言書のことは条文にきっちり書いてあることが多いのです。

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止) 第九百八条

  被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

これは先ほどの①のように抽象的な相続分ではなく、具体的な遺産の分割の方法までを遺言書で決めることができるというものです。

遺言書の内容に関するメイン条文と言ってよいでしょう。

ある物件を誰々に、ということしか書いていないので、その物件の評価額が法定相続分の範囲内に収まるのであれば、分割方法の指定にとどまる遺言書と読みます。

ただ、この物件が法定相続分を超える価値がある場合には、分割方法の指定に加えて相続分の指定をも含む内容と読むことになるでしょう。

また、特定の財産の遺産分割の方法まで決められますので、ある物件は相続人の誰と誰の共有、なんてことも可能です。

分割方法の指定と相続分の指定を組み合わせた記載方法もあります。

審判の手続と具体例で解説しましたが、遺産分割には4つの方法があります。
 ①現物分割
 ②換価分割
 ③代償分割
 ④共有
です。

遺言書による分割方法の指定もこの4つの方法を組み合わせて行うことになります。

では、こんな文言はどれにあたるでしょうか。

預金や株などもあって、相続人が母と兄弟二人というときに、
 「遺産のうち不動産の2分の1を兄が取得する」
とあったとします。

読みようによっては、遺産の2分の1を兄が取得するというだけの分割方法の指定と読めます。

この場合は、法定相続分に従って分配する中で、兄が不動産の2分の1を確保するという効力になります。

ただ、この遺産が、預金100万円、株100万円、不動産1億円だったらどうでしょう。

こういう場合で、「遺産のうち不動産の2分の1を兄が取得する」と書かれた効力は、分割方法を指定するだけでなく、法定相続分を超えた相続分の指定をも意味すると言えそうです。

反対に、この遺産が、預金1億円、株1億円、不動産1000万円だったらどうでしょう。

こういう場合で、「遺産のうち不動産の2分の1を兄が取得する」と書かれた効力が、法定相続分を下回る相続分の指定を意味すると考えるのは、少々酷な気がします。

この場合は、不動産に関する分割方法の指定だけがあったとみて、兄は法定相続分に従って、預金や株の分割も求めていってよいことが多いでしょう。

遺言書の文言をどちらの趣旨に読むかによってその効力が変わる場面、の一つではあります。

なお、分割方法の指定も、第三者に委託することができます。

加えて、遺産の分割自体も5年間までなら禁止することができます。

遺産分割の方法・基準でも解説しましたが、「死後三年間は分割を禁ず!」というようなもので、なかなか強力ですね。

ただ、分割がなされなくても相続は開始していますから、分割前はどうなってる?のところで解説したような共有状態が続くことになるので、よほどの事情がない限り相続人側は戸惑ってしまいます。

この条項が有効であれば、相続人は協議による分割も、家庭裁判所の調停・審判も求めることはできません。

これら①②の遺言によって、遺産相続の相続分・分割方法を決めてあげることができます。

なお、これらが遺言書で決めてあっても、相続人全員で違う相談をして、違う遺産分割をしてしまうこともできることは、相続は自由だ!で書いたとおりです(全員で合意しても遺産分割の禁止には拘束されますが)。


ここからは少々裏技をご紹介。

遺言を書いた被相続人が相続人に公平になるようにと、いろいろ考えて相続分や分割方法を決めても、遺言書を書いた後に不動産の価格が変動したり、預金を使ってしまったり、いろいろと事情の変更もあるものです。

また、初めから遺留分を侵害するような相続分や分割方法を指定したい、という要求もあるでしょう。

そういう場合に備えて、③⑦を使った対処方法が、あります。

③特別受益の持ち戻し免除

特別受益に該当するようなものを与えるけども、これは相続のときに特別受益としてカウントしなくてもよいですよ、と被相続人がきちっと意思表示しておくというものです。

この持ち戻し免除はあえて遺言書でしなくても、生前の普通の手紙とかでもよいのですが、遺言書にも書けます。

生前の贈与に対して、あればもう持ち戻し免除でいいよ、と遺言する場合もあれば、この遺贈(いぞう:遺言書の中で贈与すること)は持ち戻し免除でいいよ、と書く場合もあるでしょう。

遺言ですべての財産の分割方法が指定されていれば、この規定を使うことは少ないでしょうが、遺言に記載されていない財産を遺産分割するという場合には法定相続分や寄与分・特別受益のこともありますので、この持ち戻し免除の規定を入れておくこともあります。

なお、これは遺留分の話ではありませんので、ご確認を。

⑦遺留分減殺方法の指定

こちらは遺留分のお話です。

条文があります。

(遺贈の減殺の割合) 第千三十四条

  遺贈は、その目的の価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

これは、遺留分減殺請求のところの解説をしないと分かりにくいのですが、要は、遺留分を主張する者が遺産を取り戻す順序について、遺言書の中で遺贈したものに順序づけができる、というものです。

この規定により、もしも遺留分でもめても、現金などの解決しやすいものから順に手をつけてね、というような優しい配慮が可能です。

詳しくは、遺留分のところで解説します。

ちなみに、⑧遺贈

遺贈には様々な注意が必要で、相続人に対して「相続させる」という遺言が、遺産分割方法の指定なのか、遺贈なのかでいろいろな議論がありました。

最判平成3年4月19日
遺言書において特定の遺産を特定の相続人に「相続させる」趣旨の遺言者の意思が表明されている場合、当該相続人も当該遺産を他の共同相続人と共にではあるが当然相続する地位にあることにかんがみれば、遺言者の意思は、右の各般の事情を配慮して、当該遺産を当該相続人をして、他の共同相続人と共にではなくして、単独で相続させようとする趣旨のものと解するのが当然の合理的な意思解釈というべきであり、遺言書の記載から、その趣旨が遺贈であることが明らかであるか又は遺贈と解すべき特段の事情がない限り、遺贈と解すべきではない。

遺贈、とくに包括遺贈については相続人同様に様々な取り扱いがありますが、遺贈と死因贈与のところでまとめて解説します。


さて、ここまでが民法が想定する遺言事項のお話でした。

そのほかに、遺言書には法律的な効力と関係ない、「思い」を記載することもできます。

例えば、
・私がいなくなった後は、母さんを助けて姉妹仲良く暮らしていってください。
・私がこの遺言書を書くことになったのはあなたの言動に我慢ならなかったからです。
とか・・・

辞世の句を詠んでもらってもかまいません。

遺言書の記載内容についてはこのくらいでしょうか。

では、次は、遺言書で最も多く解説が割かれる、遺言の方法について解説しましょう。