相続>遺言>あとで書き変えてもいい?

あとで書き変えてもいい?

どうぞ何度でも書き換えてください。

私の知り合いには、毎年遺言書を書く人もいます。

書き換えといっても、前の遺言書を訂正するのではなく、前の遺言書を撤回して新しい遺言書を作成するのが一般的です。

また、明確に前の遺言書を撤回と表示しなくても、新しい遺言書と前の遺言書の内容が矛盾していたりすれば、新しい遺言書を作成したことをもって前の遺言書を撤回したと認めることができます。

ただ、毎回すべての相続財産に目配りした遺言書を書けばよいのですが、そうでない場合にはどの部分が変更とされるかは後々に問題を残すことになりかねません。

なので、新しい遺言書を書く場合は、自筆証書遺言であれば破棄して処分するか、新しい遺言書に前の遺言書を全部撤回することを書いておいた方がよい、というのがアドバイスです。

公正証書遺言の場合は、公証人役場にある前の遺言書の原本を破棄してもらうという制度がないので、新しい遺言書には古い公正証書遺言を撤回することを明記することが重要です。

そうした指導をいただけるという点も含めて、書き直す際も公正証書がオススメということになります。