ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2008年5月

H20-05-07
「ぐんまビジネスプラザ2008」(群馬県産業支援機構)

どういうプランが応募されるのか、見てみたい気もします。
私はというと、新規性・独創性のある法律事務所のビジネスプランといわれてもなかなか思いつきません。
伝統的な弁護士の良い部分を承継しつつ、利用者の視点での新しい取り組みを加えていくのが私のビジネスプランですが、こんなに抽象的ではプランとは言えません。
弁護士固有の分野のみならず、業際的な分野を開拓できればなお良いと考えています。

H20-05-09
「「おおたビジネススクール」受講生募集」(太田市)

マーケティング、戦略、組織など経営全般の知識と応用力を身につける実践教育をとおして、変化し続ける経営環境に対応できる能力を養成する教育です。おおたビジネススクールでは、長い伝統と豊富な実績を有する慶應大学大学院を中心とする現役の講師陣による授業を開催しており、今回は7回目

だそうです。申し込んでみようかと思ってます。

H20-05-12
「中心街で高崎市検討、店舗継承の〝仲人〟に」(上毛新聞ニュース)

市は商売を譲りたい人と新規に始めたい人との出会いの場を設定するほか、必要な場合は店舗だけでなく、技術も継承してもらうことを計画している。

とても大事な取り組みだと思います。 が、

市は調査研究費九十万円を予算化した。

その割には予算が少なすぎる気もします。
廃業が開業を上回っている現状で、単に場を設定するだけでは、効果的に仲介を行うことは無理です。ニーズを細かく分析して対応することに加え、どうやって町全体の魅力を高めるか、のビジョンを明確にする必要があります。

H20-05-24
「三菱地所、都心部オフィス15―20%値上げ」(NIKKEINET)

都心部の優良物件では、賃料の値上げが続いています。
一方、全体の空室率は上がっており(↓の記事)、ひと息ついた感じです。
オフィスの2008年問題って、2008年になったらあまり言われなくなったような気が・・・

H20-05-26
「中小企業融資、経営全般適切に審査を」(NIKKEINET)

山本明彦金融担当副大臣は26日、金融庁が名古屋市内で開いた中小企業金融の円滑化に関する意見交換会に出席した。副大臣は中部地区の金融機関に対し、企業経営を適切に審査して融資するよう呼びかけた。

この記事だけでは、なんのことかわからなかったのですが、(↓に続く。)

H20-05-28
「改正パートタイム労働法の概要とパートを経営に活かすポイント」(国民生活金融公庫)

改正点には、義務とするものと努力義務にとどまるものがあります。
方向性としては、パートの待遇条件などをはっきりさせるための措置は義務とされ、なるべく正社員に近づけていきましょうというものが努力義務にとどめられています。
ただ、「通常の労働者と同視すべき短時間労働者」(8条)については、正社員との差別的取扱いを禁止としていますので、正社員と同様に会社に貢献している方をいつまでもパートにしておくことは、モチベーションの点のみならず、法令上の問題も生じうるということになります。
とはいえ、罰則があるのは労働条件の明示(6条)くらいで、そのほかは行政機関の指導・勧告、調停などで解決していく制度設計のようです。
平成20年4月1日から施行されています。解説は厚生労働省のページが詳しいです。