ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2008年7月

H20-07-11
「中小企業の貸し渋り論争激化 金融当局VS銀行業界」

貸し付け過ぎれば、利息負担が融資先を圧迫するということも考えに入れなければなりません。
銀行の貸し手責任の無自覚は、交渉していて腹の立つこともしばしばです。
貸し渋りも貸し過ぎも、一般論として論じることは難しく、高度な判断を個別に求められる事象ですが、銀行の対応能力が極めて低い、ということだけは明らかです。

H20-07-23
「志をたてる~松下幸之助塾長との出会い」

先日,おおたビジネススクールの組織戦略の講師が,「最初についた上司が指導者として有能な場合に,その社員は伸びる。」と明言していました。「最初」が何より重要のようです。
弁護士も最初のボス弁から多大なる影響を受けます。
職業人としての価値観や姿勢は,研修所では身に付きません。ロースクールも含め学生の時分ではなおさら無理です。
また,弁護士は,だれがその事件を扱うかで扱い方が全く異なっていて,同じような事件を扱い,同じ年数を過ごしても,そこから得られる経験の内容は人によって深浅があります。
自分の経験から言っても,最初のボスの下で指導を受けなければ,何年経っても今のような職業人としての姿勢,技術,経験を持てなかったように思います。
そういった意味で,研修所でたての新規登録弁護士の多くが師匠を持たずに独立するような状況は,一般的には,弁護士にとっても好ましくなく,当然その結果は利用する側に跳ね返るように思います(といっても,ろくでもない師匠がいたり,立派な新人もいるのですが。)。
増員することはかまわないにしても,大切なものが失われないよう配慮しながら行うに越したことはありません。
「先達(センダツ)はあらまほしき事なり」と,兼好法師も言っているわけですから。
(日弁連の増員論ペースダウンにかかわる私の意見です。なお,リンクのコラムは師匠への思いのこもった良いものです。)

H20-07-23
「経済財政白書、企業・家計ともリスク伴う投資を-収益率向上が必要」(J-net21)

バブル経済崩壊後、企業部門、家計部門ともM&A(合併・買収)やベンチャー投資などリスクを伴う投資に慎重になった点を挙げ、投資収益率の相対的な低さが成長力をそいでいるとした。
一方では国内の企業全般的に、為替や原油・原材料価格の変動に対するリスク回避策が十分でないとし、「ヘッジ」「テイク」の両面で適切なリスク管理が必要だとした。

もはや何を言いたいのかさっぱりわかりません。
低金利,株価低迷,物価高の中で家計が何に,どうやって投資しろというのでしょうか。
こういった投資話には耳を貸さず(意味不明で乗りようもないですが),コツコツと生きていくことにします。

H20-07-25
「不動産会社に三重苦 信用収縮 地価下落 マンション不振 破綻続々、光見えず」(FujiSankei Business i)

建築資材の値上がりは,今の物価高傾向に先行して聞こえてきていましたので,価格に反映させざるを得ない新興・中小の不動産会社は販売がきついということでしょうか。
地価下落といっても上昇から下落に転じたのは都市部のみで,地方はずっと下落し続けていますから,都市部のミニバブルに乗じて新興した会社が,これまたそれに乗じて融資した銀行からそっぽを向かれた,ということかもしれません。
いずれにしても情勢の変化の速さを感じます。

H20-07-28
「情報セキュリティ対策ビデオ」(警察庁)

主演は私でも知っている有名な女優さんばかりで,結構お金がかかってそうです。
宝くじの普及宣伝事業から助成を受けているようですから,せっかくなので見てあげてください。
学校で子どもに見せるんでしょうね。たぶん。

H20-07-28
「中小後継者の相続税軽減、承継計画策定を条件に」(中小企業庁)

経営者は前もって役員の中から後継者を決め、会社を継がせる時期などを明記した承継計画を策定、経済産業相の認定を受ける。

というのが納税猶予の要件となるようですが,猶予された相続税が最終的に免除となるため要件はどうなったのでしょうか。
この記事だけでは,いまひとつ内容がわかりません。
あとで調べてみます。(調べたところ,どうやら来年の通常国会で審議されるようですね。相続税法の改正です。)

H20-07-30
「厚労省研究会、日雇い派遣を禁止へ-制度見直しで最終報告書」(J-net21)

大学生の頃はよく日雇いのアルバイトに行きましたが,収入は不安定,仕事は身につかない,人間関係は希薄,当然やる気も出ない,と労使双方にとって便利は便利でしょうが,発展的な関係にはならないものです。
アルバイトといえば,太秦(うずまさ)映画村のエキストラに参加し,雨で中止になり6割(5000円くらい)もらって帰ってきたり,祇園祭の提灯行列のアルバイトをして日当とうなぎ弁当をもらった思い出があります。
生活を考えなくていい学生だから成り立つ話です。