ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2011年6月

H23-6-13
「カネ、カネ」と言っている人にお金はやって来ない(JB PRESS)

「成功への第一歩は、自分の「安心領域(過去の世界)」から飛び出すことだ」というのは,グサッときますね。
自分を見ても周りを見ても,苦労しているように見えて,実はそこが安心できる場所だからそこから出ようとしないということは,よくあることです。
私は,成功したいという欲はあまりありませんが,つまらないことに時間を使いたくもありません。
吉田拓郎の「こうき心」の歌詞のような,そんな気分になります。

H23-6-13
日本は来年度、消費税7~8%に…IMFが提言(読売新聞)

預金の金利は5年定期で0.1%くらいですから,預金にはずーっと税金をかけられていたようなものです。
所得を得る人が減り,所得自体も減っている中で,資産か消費に課税するしかありません。
もちろん,出ていける人は日本から出て行くでしょうが。

H23-6-13
特集【エッセンシャル版】ドラッカー 転換期が訪れた今こそ知りたいマネジメントの真髄(週刊ダイヤモンド)

前にも書きましたが,ドラッガーのよいところは,矛盾したものを矛盾したままサラッと書いてしまうところだと思っています。
そのため,読む側が過去の経験に照らして自分なりの解釈をすることができ,わかった気分になれます。
作品も多いので,読んでいるうちにドラッガーを読むことが楽しくなり,実践につながらないことが多いのが難点です。

H23-6-23
サーバはデータセンターの中を液体のように流れるような存在になる、という仮説(BLOGOS)

脳細胞は何ヶ月かで全部新しい細胞になりますが,記憶は残っています。
データセンターのサーバーも,サーバーの一部を故障したものから抜き差しして取り替えても,データは欠損しないようになっているようです(しくみは知らないけど)。
データや機能を固定的にとらえるのではなく,代替可能で補完しうるものととらえたり,流動的にとらえるというのは,より人間に近付くようなイメージを受けます(イメージだけです。しくみは知りません)。

H23-6-27
経団連:楽天の退会届受理 米倉会長「誤解がある」と反論(毎日新聞)

経団連の米倉弘昌会長は27日の講演で「経団連はある産業の利益団体ではない。日本経済や国民生活向上のための政策集団だ。(楽天には)かなり誤解があるのではないか」と述べ、楽天の主張に反論した。

経団連が利益団体ではないと思ったことは,ありません。
もし利益団体でなく政策集団であれば,政策の考え方が異なれば抜けてもいいわけで。
いずれにしてもこういうコメントははずかしいですね。