ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2011年9月

H23-9-6
8月の企業倒産6件、4カ月連続減 群馬(産経新聞)

群馬県内の震災直後の倒産は、必ずしも震災が直接の原因ではないものが多かったですが、心理的影響は大きかったはずです。
入金が90日か120日サイトとすると、6・7月頃が一つのめどかと思っていましたので、予想通り落ち着いてきたと言えそうです。
しかし、下請けの海外流出は止まりそうもありません。

H23-9-10
モノづくり「中小」も海外へ 富山の金型組合インドネシアに工場(J-castニュース)

中国のその先を見据えると、先行しているタイに次いで、ベトナム、インドネシアといったところですね。
金型産業は、新興国での生産との競争と資源高で大変厳しい経営環境にありますが、中小にとって発注元の進出に伴うものでない海外進出はノウハウや人材的に難しいものです。
そのため、こうして組合でまとまるところもあるのでしょうが、一方、同業者ということは結局のところライバルですので、抜け駆けが勝負を決することもあるはずです。

H23-9-10
新築造り過ぎニッポンが迎える「空き家40パーセント時代」(gooニュース)

住宅市場は裾野の広い産業なので、政府も景気刺激策として新築需要の喚起をしがちですが、状況はこの記事の通りです。
中古市場、すなわち評価、流通、リフォーム市場の整備が大変重要で、使う側の意識も変えて行く必要があります。
このような状況ですので、相続税対策のアパート建設などは、素人が手を出すべきではありません。

H23-9-13
記入マニュアル156ページ 専門用語多く、被害者に負担(読売新聞)

補償金の請求手続き自体がややこしい上、東電が認める補償金しかもらえないというわけではなく、何をどこまで請求できるかは最終的に裁判所の判断となります。
東電のいうとおりに請求するだけで、本来なされるべき賠償といえるのか、それを被害者に判断させるというのは大変な負担です。
交通事故などのように、損保会社が裁判所基準を無視した自社基準を提示して、さもそれが結論かのように思わせて示談させてしまう手法と同じにならないか心配です。
素直な被害者の人ほどそうした損保会社の言いなりで示談してしまって、目に見えない二次被害を受けているというのが交通事故の保険金実務の実態です。
損保会社に加担している弁護士も、この際反省して、東京電力に対しては被害者が適正な賠償を受けられるように一肌脱ぎましょう。

H23-9-14
「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)の公表(国土交通省)

原状回復でお困りの方は参考にしてみてください。
このガイドラインは、拘束力のない参考程度のものですが、これをベースにきっちりとした賃貸契約書を作成しておくと、かなりの部分の紛争が予防できると思うのですが、私は一度しかそういう契約書を見たことはありません。

H23-9-16
原発避難者特例法に基づく指定市町村の指定及び避難場所等の届出について(総務省)

いわき市 田村市 南相馬市 川俣町 広野町 楢葉町 富岡町 大熊町 双葉町 浪江町 川内村 葛尾村 飯舘村
これらの指定市町村からの避難者の方は、原発避難者特例法に基づき指定市町村の指定の告示後14日以内(9月30日(金)まで)に指定市町村又は避難先市町村に避難場所等の情報を提供していただく必要があるそうです。

H23-9-16
自分の時間を「未来のため」、「現在のため」、「過去のため」の三通りに分けて考えてみる(lifehacker)

重要だが緊急でないものが一番重要、と自分に言い聞かせてはいるものの・・・
忙しいというのは主観的にも客観的にもロクなことがありません。
自他への言い訳に使える上、無意味です。
成功しているときでさえ「忙しさ」はその影で将来の失敗の目を育てていると思うべきです。

H23-9-29
第2回初心者向けHTML入門セミナー開催のご案内(群馬県立産業技術センター)

この講座は、入門/HTML/css/java script/Flash と進んで行くようですが、もうホームページ作成にFlashはいらないと思います。
また、最近はcssの進化で以前に比べて簡単になった部分もありますが、css3で遅れを取っているIE対応を素人的知識で行うのは限界があります。
なので、HTML/cssのあとに、jQueryとphpを少しかじって、wordpressやmobiletypeを編集する方向で行くのが良さそうです。
もちろん、はじめからブログサービスやgoogleのサービスを使うというのでも十分だと思います。