ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2012年1月

H24-1-4
少年審判に弁護士拡充へ 国選付添人、重大事件以外も(gooニュース)

未成年者の刑事事件は、逮捕勾留のあと家庭裁判所に送られます。
そこで行われるのが少年審判です。
少年審判では、保護観察、少年院などの処分がなされますが、そこに大人でいう弁護人のような活動をするのが付添人です。
付添人は弁護士でなくてもなれるので警察OBがやってたりしますが、大人であれば国選弁護人がつくような罪名であっても、未成年だと国選で付添人がつかないというギャップがありました。
そのギャップを埋めようと日弁連が一生懸命活動しているもので、ぜひとも実現してほしいと思います。
ただ、東京など弁護士が余っている大都市はいいのですが、地方にはまだ弁護士が少ない地域もあり、担当する弁護士を確保して行けるのかという課題も抱えています。

H24-1-15
県女性相談センター移転に反対意見 弁護士ら「DV相談しにくく」(上毛新聞ニュース)

複数の相談窓口のどこへ行っても相談できるとすれば、広く周知してもDVの相手方からの追跡も逃れられますし、他の活動もしている場所であれば必ずしもDVの相談と特定されずプライバシーの問題も出にくい、と思われますよね。
施設はもうできてしまうみたいですから、せっかくなので、施設とは別に前橋・高崎・太田くらいには相談窓口を作ってもらいたいものです。
そういう需要があることは私も業務の中で耳にします。