ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2012年5月

H24-5-8
記者の目:軽微な罪重ねる「累犯者」問題=長野宏美(毎日jp)

高齢者が出所後も行き場がなく、寒くなってくるとコンビニでおにぎりを盗んで自ら警察や刑務所のごやっかいになる、というのは冗談の世界の話ではありません。
警察で捕まえて裁判にかけて刑務所で衣食住と医療の面倒を見るのが良いのか、生活保護等で社会内で保障していくのが良いのか。
犯罪だから捕まえて罰すれば良いということだけでは済まず、どちらにしても多額の税金を支出する以上、そこにかかる費用と効果、制度が与える社会的影響を考えなければなりません。
古くて新しい問題ですが、こうしたテーマに取り組んでくださる記者の方がいるということは、とてもすばらしいことです。
記者となった以上、自ら関心を持ったテーマに取り組んでみたい、という気持ちを大事にしてもらいたいです。
私も、弁護士となった以上、・・・を追究したいと思っています(恥ずかしいので書きません)。
皆さんも、○○をしている以上、○○してみたいという、自分のテーマをお持ちですか?
話がそれてしまいました。

H24-5-11
県上海事務所 開設費1500万計上へ(読売新聞)

いいですね。
ただ、

一方、北関東3県では、栃木が1990年に香港事務所、茨城が96年に上海事務所をそれぞれ開設し、成果を上げている。

というのであれば、別に事務所を作るのではなく一緒にやって専門性を高めて行けば良いと思うのですが。
まぁ、いろいろ壁もあるのでしょうが。

H24-5-18
法科大学院志願者も16%減 司法試験に続き、適性試験(東京新聞)

法曹を目指す人が減っている、というお話です。
記事では、

志願者減に管理委は「入学定員の削減や司法試験合格率の低迷が影響したのではないか」としている。

とコメントされていますが、私が思うに、おそらく原因は受験資格の負担が大きくなったにもかかわらず就職が厳しくなったことです。
合格者数や合格率は、はっきり言ってかつての司法試験のほうが厳しい門でしたが、もっと多くの人が挑んでいました。
それは、誰でも何回でも受けられ、受かれば充実した仕事に恵まることを期待できたからです。
今は、学費を払って法科大学院に2、3年も通わなければならず、合格したとしても厳しい就職活動が待っています。
学生はそんなことはお見通しで、意義あるチャレンジだと思えなければ志望者が減るのは当たり前です。
昔からこの世界は、合格率が低いという程度のことで怯むような人はそもそも目指さない世界です。
管理委の人もそれはわかっていると思うのですが、もしかしたら、わかっていながら、何かの意図をもって記事のようなコメントをしている、のかもしれません。

H24-5-21
5大人気オンラインフォトエディタ。無料で画像編集が出来るWebサービス達(ホームページを作る人のためのネタ帳)

web系のネタはあまり取り上げないのですが、新ホームページ(このページ)の形がようやく収まりつつあるので、一つご紹介。
画像編集ソフトといえば、photoshopやillustratorが有名ですが、値段が高いのが難でした。
私も初期の頃(15年ほど前)は無料の画像ソフトをいくつも組み合わせて、ちまちまやっていました。
ところが、今や、驚くほど高機能のものが無料で、しかもソフトをダウンロードすることすらなくブラウザ上で使えます。
ホームページに関しても、これまでのtableデザインは寿命ですし、ページの大きさや作りもタブレットPCやスマートフォンの登場で流行が移り変わってきました。
それなので、今回のページは改めてcssを学び直して作りました。
素人の手書きですのでソースは覗かないで下さい(^^)
枠作りにはきりがないので、そろそろ中身の充実に移りたいと思います。