ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2013年10月

H25-10-4
“宅急便”誕生物語~社内の大反対、行政とのバトルを乗り超えて(nikkeiBPnet)

小倉昌男「経営学」は言わずと知れた名著です。
いろいろな経営本があるなかでも、繰り返し読む価値のある一冊であることは間違いなく、私も何度も読んでいます。
少し長いスパンで世界を考えると、現代のように人間が世界中を飛び回る時代は、化石燃料の高騰によって終わるような気がしています。
そして、ネットで世界中とつながりながらも本人はとても狭い地域でしか移動しない人生が当たり前の時代になり、そこでも「物流」は個人のためのものとして益々発展していくように思います。
セコムの飯田氏もそうですが、一つの業界を作り上げる人物というのは、相当なものです。
そういうものがあれば便利、だけどそれを提供するのは大変、というサービスに挑んでみたい。
弁護士としての私にもそういう気概はあります。
しかし、結局、日々の業務に追われてしまうあたりがこうした経営の偉人との決定的な違いなのだ、と自覚せざるを得ない、今日この頃です。

H25-10-18
第8回「元気まつり」(真下会計事務所)

お付き合いのある真下会計事務所様が今年も「元気まつり」を開催されます。
当事務所も、それに連動しまして、一日無料法律相談会を企画しました。
10月18日午前10時から午後5時の間に真下会計事務所様の「元気まつり」に行き、そこに設置されている当事務所のパンフレットを入手していただければ、その日のうちに無料で法律相談に応じます。
相談場所は当事務所の相談室。弁護士・スタッフが待機しますので、おそらく直ちに相談可能と思います。
家族、お金、生活のお悩みから、仕事、経営、不動産のご相談まで、なんでも承ります。
悩みも解消して、ますます元気になりましょう!

H25-10-24
賃上げ76%が予定なし 東毛地域で桐生信金調査(上毛新聞)

メーカーは前年度ベースで値下げ圧力をかけてきますので、円安でちょっと売れているからといって下請けまで潤っているかというと、そうではないと思います。
仮に、一次請けが良いとしても、実働の二次請けくらいになると、逆にフル稼働の煽りを受けて時間外手当の負担のために利益を削って奉仕しているのではないか、とも想像されます。
経営者としては、誰に何を言われなくとも、払えるものなら従業員にたくさん払ってやりたいものです。
しかし、そのときの気分で気前良く払ったとして、将来厳しくなったときに返してもらえるものでもなく、実際に厳しくなれば、気前良く払ったことすら当の従業員からも責められるという、悲しい宿命を負っているのがオーナー経営者です。
そういう構造を反映している調査結果ではないかと思います。
追記
週末の求人広告は、増えてますね。賃金も上がっているような気がします。

H25-10-28
相続税対策、生命保険を活用(読売新聞)

私は保険に詳しくないので、どうやって生命保険を相続税対策に活用するのか、一般の人程度にしか知識がありません。
そのため、相続対策や事業承継事案をお手伝いする場合で保険をからめるときには、信頼できる代理店の方やFPの方と組んで全体のスキームを考えるようにしています。
よーく考えよー、ってのがありましたね。アヒルの。
あのCMは今もやっているのでしょうか。

H25-10-28
事業承継のための課題解決講座 次世代経営者ネットワークセミナー ~次世代経営者の悩みを解決しよう!~(東京都中小企業振興公社)

後継者があとを継いで事業を維持発展させていくのは創業よりも難しい、と思っていましたが、最近は、やはり創業の方が難しいと思い始めています。
創業の一番難しいところは、何をゴールに設定するか、だと思います。当然、ゴールを設定するには将来のビジョンを持つ必要に迫られます。
日々のマネジメントではどうしても矛盾する判断も生じてきますが、その事業が目指すゴールとそれが実現する過程へのビジョンについては自分なりの答えを持たなければ、絶対にそこへはたどり着けません。
まだ誰も考えていない将来のことについて一定の答えを出さなければならない、その最初の一人が創業者だという意味で、やはり創業というのは難しいものだと思っています。