ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2013年6月

H25-6-3
残業代未払い求めるドライバー「人間不信に陥る」(物流weekly)

運送業界は、荷受けや荷渡しの待ち時間や、渋滞などの不測の要素が多い(しかも、それを荷主に負担させることは不可能な)ため、日給月給で一日いくらという労働条件で働いているドライバーがほとんどです。
もしくは、無事故手当や皆勤手当、愛車手当など様々な手当と低い基本給を組み合わせているところが多いと思いますが、いずれにしてもそのままでは残業代未払いのリスクを払拭できません。
内容は、ここでは書きませんが、私が顧問をしている運送業の会社では、そのための対策をとっています。
ちょっとした工夫で対策がとれますので、運送業の経営者の方々は、ぜひとも当事務所までご相談・ご依頼くださいませ(^^)

H25-6-10
特別企画 : ガソリンスタンド経営業者の倒産、休廃業・解散動向調査(帝国データバンク)

ガソリンスタンドの廃業は、タンクの撤去も伴い、なかなか骨が折れます。
私がかつて破産管財人を務めた会社が所有していたスタンドは、自社タンクを持ちたいという重機業者に任意売却して何とか処分することが出来ました。
しかし、そうそうスタンドを買いたいという人も多くないでしょうから、破産でなく廃業を選ぶためには色々な問題をクリアする必要がありそうです。

H25-6-12
中小企業での後継者問題 「決まっていない」が1割(物流weekly)

後継者問題(事業承継)は、言うまでもなく経営者にとって最も重大な問題です。
家族から選ぶか、社員から選ぶか、いっそ会社ごとM&Aして外部に求めるか。
昨日はそうした事業承継の相談が重なりました。
1件は、顧問先の会社からM&Aも視野に入れているということで相談があったので、付き合いのある会計事務所に声がけをしてマッチングを開始しました。
もう1件は、グループ会社の統合や物件・株式の売買を通じて、事業承継と相続税対策をしようというもので、こちらは新たに顧問契約を結ぶことになりました。
事業承継は弁護士だけの法的手続のみでなく他士業との連携が必要で、当事務所も開設以来、そうしたネットワークづくりを意識してきました。
時間をかけて状況を把握し、全体のスキームを考え、チームを作り、実行して行くという事業承継の作業は、創造性が求められる上、将来を見据えての前向きなアクションなので、私にとっては好きな仕事の一つです。