ホーム>過去のトピックス

過去のトピックス〜2014年10月

H26-10-4
よみがえったスタバに学ぶ、「らしさ」の経営(東洋経済ONLINE)

ご愛顧をいただいている「自社(自分)らしさ」を失わず守り続けていくということは、大切で難しいことです。
何が「らしさ」かを自覚することからしてそう簡単ではありません。
そしてそれを共有することもまた、難しいものです。
いずれにしても、求められるものしか与えられない、ということですかね。

H26-10-16
海外に展開している企業のうち、4割が撤退を検討(Business Media 誠)

こちら(帝国データバンク)が元ネタです。
海外に直接進出している1600社のうち65%が中国に進出しているというのですから、この調査の「撤退がちらついた4割」というのも多くが中国がらみという気がします。
賃金上昇やカントリーリスクからベトナムに移行しているというのも最近の傾向ですが、労働集約型の産業は、さらにその先のミャンマーやラオスを見ているようです。

H26-10-23
遺言書の「花押」有効と判決 高裁那覇支部、一審を支持(上毛新聞ニュース)

今週末から受付が始まる太田商工会議所(群馬県)の「まちゼミ」に、当事務所もエントリーしているのですが、そのテーマが「はじめての遺言の書き方講座」ですので、タイムリーな話題です。
花押でもいいです、なんていうと混乱しますので、ここはしっかり「印鑑」を押してもらうよう講義したいと思います(^^)
参加店ではすでにチラシを配っていますし、週末には市内に折り込みチラシが配布されますので、ぜひ、ご参加ください。

H26-10-27
日本企業が海外進出で繰り返してきた失敗(JBPRESS)

とある統計では、設立5年で株式会社の85%が倒産・廃業すると言われています。
これは国内での話です。
ですので、海外への進出や事業所でこれに匹敵する撤退・廃業が起きていたとしても、だからどうということもありません。
国内には国内の要因、海外には海外の要因があって当然で、そこを生き残り成長させていくのが経営のなせる技ですよね。