事案解決に必要な専門的知識を共有しています

法律事務所はどこでも同じ?

交通事故における損害賠償請求は、多くの弁護士にとって昔からなじみのある事案で、実際に多くの法律事務所で交通事故を取り扱っています。

例えて言えば、どこの歯医者でも虫歯の治療はしている、というのと近いかもしれません。

しかし、すでに多くの方は、どこの歯医者に行っても同じだ、とは考えていませんよね。

法律事務所も、外から見れば同じように見えても(そもそも何も見えないところが多いですが)、実際の事案の処理に関しては、法律事務所ごと、弁護士ごとに、その手法は様々です。

決して、同じではありません。

その違いは、主張すべき賠償金額の適正さ、選択する手段の適正さ、和解における金額見極め、依頼者との打ち合わせ、報告の充実などに現れます。

当事務所でも、そうした事案の処理の適正さと対応の充実に全力で取り組んでいます。

賠償実務に必要な医学的知見

加えて、交通事故に関して重要なことは、それが人の身体への損傷を伴うものだということです。

そこにはどうしても医学的な知見が必要となります。

当事務所には医師は所属していませんが、外部の画像診断医の協力を得ています。

また、交通事故事案の解決に必要な範囲での医学的知見の獲得には、交通事故チームの弁護士を中心に日々努力しています。

交通事故の賠償実務において、医学的知見が必要とされる最たる場面が後遺障害認定です。

後遺障害認定を適正に受ける為には、事故当初から、どういった診察・検査を受けるべきか、通院の頻度、病院の選択、通院中の保険会社との対応など、様々な場面で後の後遺障害認定を見据えて行動することが重要となってきます。

そのために、当事務所での多くの事案から、地域の医院の設備、特徴などについても意識的に情報を収集しています。

実際に、後遺障害認定が受けられるか、受けられるとして何級に認定されるかによって、得られる賠償金額も大きく変わってきます。

当事務所では、高い等級を認定された方に依頼してもらって弁護士費用を稼ぎたいというような姿勢ではなく、どうしたら適正な後遺障害の認定を受けられるか、を追求したいと思っています。

早い段階でのご相談を

そうした後遺障害の認定を見据えたアドバイスをするには、皆様に、事故から早い段階でご相談にお越し頂くということも重要になってきます。場合によっては、初めはご家族の方でも結構です。

検査・治療の段階から、被害回復のための賠償金請求を見据えたアドバイスが出来るということが、当事務所の強みの一つですので、皆様にはぜひそれをご活用いただきたいと思うのです。

法律相談のご予約はメールフォームからも可能です。お気軽にお問い合わせください。0120-057-077受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム