この一覧は、事案終了後に依頼者の同意をいただいて、個人や個別事件が特定できない範囲で公開しているものです。
まったく同一の事案・結果になることはありませんが、当事務所の取り組みを知っていただく範囲で参考にされてください。

14級の後遺障害が認定された主婦の休業損害等が争いになった事案

事故態様赤信号で停車中に後続車両に追突された事案自動車/自動車相談者20代女性主婦争点保険会社の提案が妥当であるか否か。方針紛セに申立。結果180万円→370万円コメント保険会社は、14級の後遺障害が認定されているにもかかわらず、50万円ほどの後遺障害慰謝料しか提示していませんでした。もちろん、紛セで赤本基準の110万円を認めていただきました。また、休業損害も、賃金センサスを使用した平均年収をベースに相当期間が認められました。

所得を証明する資料がなく休業損害等が争いになった事案

事故態様 信号待ち停車中に右折車が衝突した事案自動車/自動車 相談者 20代女性アルバイト 争点 14級の後遺障害認定を受けており、保険会社の提示金額の確認のために相談に来られました。 方針 相手方保険会社との交渉による解決は困難と判断し、紛セへ申立て。3回目の期日で示談。 結果 約200万円→約400万円 コメント 勤務先が給料明細を出していなかったために休業損害と逸失利益が争いになった。本人の陳述書の他、就業や収入を明らかにする証拠を準備することで、非常に有利な内容でのあっせん案を得ることができました。給料明細や源泉徴収票を出せないようなケースでは、業務内容を詳細に説明するなどの説得的な資 […]

第1事故の治療中に第2事故が起きた事案

事故態様 横断歩道を歩行時のバイクとの接触事案と信号待ちをしている間に追突された事案自動車/自動車 相談者 50代男性会社員 争点 第1事故の治療中に第2事故に遭った。それぞれの保険会社との間で話が折り合わない。 方針 裁判を提訴。 結果 コメント “過失割合や第1事故による素因減額など、争点が多岐に渡った事案。異時共同不法行為としてそれぞれの事故の相手方から賠償を受けた。

主婦の休業損害と入通院慰謝料を増額した事案

事故態様 相手車両が路外から進入し、右方向から直進してきた依頼者車両に衝突した事案自動車/自動車 相談者 40代女性主婦 争点 休業損害、通院慰謝料の保険会社の提案が妥当であるか。 方針 交渉では十分な提案が引き出せなかったため,紛セに申立。 結果 休業損害20万円→70万円通院慰謝料80万円→110万円 コメント 主婦休損は、通院期間の全期間について満額認められるものではないものの、当初の保険会社の提案は低くとどまっていることが多いので、しっかり請求する必要があります。

併合12級の後遺傷害認定で700万円を増額した事案

事故態様 道路外からの進入車両と自転車の衝突事案自動車/自動車 相談者 40代男性会社員 争点 保険会社の提案が妥当であるか否か。 方針 紛セに申立。 結果 300万円→1000万円 コメント 後遺障害の逸失利益の期間について主張。慰謝料と含めて大幅な増額に成功しました。

14級のむち打ちの後遺障害で9年間の逸失利益が認められた事案

事故態様 車を停車していたところ後方から車が衝突した事案自動車/自動車 相談者 30代男性アルバイト 争点 14級9号が取れているものの、症状の重さから受取金額が妥当か否か。 方針 むち打ち事案であったが、診断書や本人からの聞き取りなどから症状が重いと判断し交渉した。その結果,労働能力喪失期間を9年として示談となった。 結果 受取金額400万円→500万円 コメント むち打ち事案で14級の場合、労働能力喪失期間が5年とされることが多いが、症状によっては、それ以上の期間を検討すべきであろう。

カルテの記載を発見して後遺障害が認定され1400万円を増額した事案

事故態様 横断歩道を歩行中に車が衝突した事案自動車/自動車 相談者 70代女性主婦 争点 病院が因果関係を否定するために後遺障害が取れておらず、保険会社から提示された金額が低いとの相談。 方針 病院が後遺障害を否定する理由が、足の痛みとの因果関係が不明であるとのことであったため、保険会社から記録を取り寄せて記録を精査した。すると、初診当時に足の痛みのために薬が処方されていることが判明した。そこで、病院へ赴き、当時の記録を見て貰ったところ、足の痛みについての記載が見つかった。10級11号が認定された。 結果 90万円→1500万円 コメント 病院が症状との因果関係を否定していたため、まずは病院を […]

高齢者の死亡事故

事故態様 自転車で横断歩道を横断中に自動車と衝突した事案自転車/自動車 相談者 80代男性無職 争点 保険会社の提案が妥当であるか。 方針 逸失利益、死亡慰謝料について保険会社の提案が低いため、紛セに申立。 結果 逸失利益400万円→480万円死亡慰謝料1600万円→2000万円 コメント 死亡慰謝料は、裁判基準で一定の基準があるにもかかわらず、やはり保険会社の提案は低いことが一般です。必ず、弁護士を通じた解決を図るべき事案です。

パートもしている主婦の休業損害が大幅増額した事案

事故態様 信号待ちの停車中に後続車両から衝突された事案自動車/自動車 相談者 30代女性主婦・パート 争点 後遺障害の認定は受けなかった。保険会社からの提案が妥当なものか知りたい。 方針 休業損害、傷害慰謝料について裁判基準に比べて低いことから、紛セに申立。主婦の休業損害として、女子全年齢平均の収入を基礎に請求したところ、保険会社側から再提案があり和解が成立。 結果 休業損害30万円→120万円慰謝料74万円→80万円 コメント 通院総日数に対して、当初の保険会社の休業損害の提案は3分の1の日数にも満たないものでした。主婦の休業損害は、認定の幅が広いので、提案をうのみにせずに交渉していくことが […]

併合12級の公務員に逸失利益が認定された事案

事故態様 交差点内での右折車との接触事故の事案自動車/自動車 相談者 20代男性公務員 争点 保険会社の提案が妥当であるか否か。 方針 保険会社の提案は逸失利益を認めないもので、公務員であっても認められるべきと主張し、紛セに申立をした。 結果 保険会社の提案約50万円に対して、約400万円で和解。 コメント 保険会社は公務員であることを理由に逸失利益を0円と主張。後遺障害慰謝料も法外に低い提示をしていました。しかし、公務員であっても後遺障害により部署や職種が制限されることは昇進等への影響も否定できません。微妙な事案でしたが、詳細な主張立証に対して紛セが積極的に役割を果たしてくれた事案でした。

併合12級の後遺傷害認定の事案で500万円増額した事案

事故態様 追突事故の事案自動車/自動車 相談者 40代女性会社員(事務職) 争点 右肘の橈骨頭骨折に伴う関節面の不整や、頸部痛で、併合12級の後遺障害が認定されていました。保険会社からの提案が出ていましたが、主に、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益が妥当な金額かどうかというご相談でした。 方針 裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が大きく上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い3回目の期日で和解となりました。 結果 保険会社提案350万円に対して、和解金額850万円 コメント 傷害慰謝料、後遺障害慰謝料については、裁 […]

14級の後遺障害が認定された事案

事故態様 追突事故の事案自動車/自動車 相談者 40代男性会社員(作業員) 争点 上肢のしびれ、頸部痛、背部痛で14級の後遺障害が認定されていました。仕事にも影響が出ているというご相談でした。 方針 裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い、2回目の期日で和解となりました。 結果 和解金額約400万円 コメント 傷害慰謝料、後遺障害慰謝料については、裁判基準の金額が認められました。逸失利益についても、労働能力喪失期間5年が認められました。

14級の後遺傷害が認定された専業主婦、200万円以上増額した事案

事故態様 追突事故の事案自動車/自動車 相談者 60代女性専業主婦 争点 頸椎捻挫後の頸部痛、肩甲骨痛、頭痛、肩こりで14級の後遺障害が認定されていました。保険会社からの提案が出ていましたが、主に、休業損害、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益が妥当な金額かどうかというご相談でした。 方針 裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が大きく上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い、3回目の期日で和解となりました。 結果 保険会社提案180万円に対して、和解金額400万円 コメント 休業損害については、陳述書等を用いた立証によ […]

14級の後遺傷害が認定され、労働喪失期間5年が認められた事案

事故態様 追突事故の事案自動車/自動車 相談者 50代男性会社員(作業員) 争点 事故後、整形外科での治療は終了したものの頸椎捻挫後の頸部痛や指の痺れ、腰痛等の症状が残っており、仕事にも影響が出ているとのご相談でした。 方針 後遺障害の認定を受けたところ、頸部痛、指の痺れ、腰痛の症状に関し、併合14級が認定されました。裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い、2回目の期日で和解となりました。 結果 和解金額380万円 コメント 傷害慰謝料、後遺障害慰謝料については、裁判基準の金額が […]

14級の後遺傷害認定で保険会社の提案から200万円増額した事案

事故態様 追突事故の事案自動車/自動車 相談者 40代男性会社員(管理職) 争点 上肢の痛みで14級の後遺障害が認定されていました。保険会社からの提案が出ていましたが、主に、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益が妥当な金額かどうかというご相談でした。 方針 裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が大きく上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い、2回目の期日で和解となりました。 結果 保険会社提案260万円に対して、和解金額460万円 コメント 傷害慰謝料、後遺障害慰謝料については裁判基準の金額が認められました。逸失利益に […]

専業主婦で14級が認定された事案

事故態様 相手が赤信号無視をしたことによる交差点での出会い頭衝突の事案自動車/自動車 相談者 40代女性専業主婦 争点 事故後、整形外科での治療は終了したものの頭頸部痛や肩こり、両手の痺れ等の症状が残っており、家事に影響が出ているとのご相談でした。 方針 後遺障害の認定を受けたところ、頭頸部痛や肩こり、両手の痺れの症状に関し、14級が認定されました。裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い、2回目の期日で和解となりました。 結果 和解金額330万円 コメント 傷害(入通院)慰謝料、 […]

14級の後遺障害が認定された事案

事故態様 追突事故自動車/自動車 相談者 30代女性会社員 争点 事故後、整形外科での治療は終了したものの頸椎挫傷後の頭頸部痛や肩から指にかけての痺れ、腰痛等の症状が残っており、仕事にも影響が出ているとのご相談でした。 方針 後遺障害の認定を受けたところ、頭頸部痛や肩から指にかけての痺れ、腰痛の症状に関し、併合14級が認定されました。裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、和解とならなかったため、紛セに申立てを行い、2回目の期日で和解となりました。 結果 和解金額288万円 コメント 傷害(入通院)慰謝料、後遺障害慰謝料に […]

信号無視が争われた事案

事故態様 交差点を右折中に、右折先の反対車線から直進してきた車両と衝突した事案自動車/自動車 相談者 40代男性会社員 争点 相手方も青信号で交差点に進入したと主張し、相手方に代理人弁護士が就任した。 方針 相談者の言い分は青信号で一貫しており、客観的に証明すべく受任した。 結果 ドライブレコーダーを解析したところ、相談者側の信号が青であったことが確認できて相手方もそれを承服した。相談者の過失なしで和解した。 コメント 時々ご相談をお受けする信号についての食い違い主張の事案。本件のようにドライブレコーダーを搭載していると速やかに解決する可能性が高まります。まさにドライブレコーダーの有用性を再確 […]

会社役員で後遺障害14級が認定された事案

事故態様 追突事故自動車/自動車 相談者 40代男性会社役員 争点 事故後、整形外科での治療は終了したものの頸椎捻挫後の頸部痛や上肢の痺れ、腰痛等の症状が残っているとのご相談。 方針 後遺障害の認定を受けたところ、頸部痛、上肢の痺れ、腰痛の症状に関して併合14級が認定されました。裁判基準で計算をしたところ、保険会社の提案よりも金額が上がることが予想されました。保険会社と交渉を行いましたが、十分な提案が得られなかったため、紛セに申立てを行い、2回目の期日で和解となりました。 結果 保険会社提案180万円に対して、和解金額350万円 コメント 傷害(入通院)慰謝料、後遺障害慰謝料については裁判基準 […]

後遺障害14級で逸失利益・後遺障害慰謝料が大幅に増額した事案

事故態様 赤信号で停車中に追突された自動車/自動車 相談者 20代男性会社員 争点 むち打ちによる後遺障害として14級の認定を受けた。保険会社から賠償金額の提示があったが、妥当なものであるか。 方針 保険会社の提示する金額は、後遺障害慰謝料・逸失利益ともに極めて低いものであった。そのため、紛セに申立を行うこととした。 結果 後遺障害慰謝料は、40万円から100万円に増額。逸失利益も3年から5年になり、ほぼ適正な解決がなされました。 コメント 等級認定を得ている場合、紛セに持ち込むことで容易に裁判基準での解決に導くことができます。

併合14級の後遺障害が認定された事案

事故態様 信号待ちで停車中、後続車両(トレーラー)に追突されて、救急搬送された。自動車/自動車 相談者 30代男性派遣社員 争点 保険会社からは、いずれの損害項目についても、裁判基準よりも低い補償額が提示されていた。 方針 依頼者には後遺症の症状が残存していたため、後遺障害の等級認定を獲得するのが最初のハードルであった。資料を精査し、後遺障害認定の申請を行ったところ、頚部から腰椎の症状に関して、併合14級の認定を得た。しかし、その後も保険会社からの提示額は低く留まったため、紛セに申し立てを行った。 結果 赤い本を基準としたあっせん案が提示され、1回の期日で解決した。 コメント 後遺障害認定の申 […]

主婦の休業損害と通院慰謝料が十分に認められた事案

事故態様 停車中、ノーブレーキで中型貨物自動車に追突され、その衝撃で前方に停車中の普通貨物自動車に衝突した玉突き事故の事案自動車/自動車 相談者 40代女性主婦(事故後退職) 争点 休業損害、通院慰謝料 方針 後遺障害が認定されていないが、症状の重さから休業損害と通院慰謝料をしっかりと認めてもらう必要がある事案であった。 結果 交渉の段階で、相手方保険会社が200日を超える主婦の休業損害と通院慰謝料を認め、赤い本基準で満額の回答を得た。 コメント 事故直後に整形外科に通院したものの、その後の通院期間のほとんどを接骨院への通院で治療をしたため、後遺障害診断書を作成してもらうことができず、結果とし […]

兼業主婦で主婦の休業損害が認められた事案

事故態様 渋滞で停車中に後続車両に追突されて、救急搬送された事案自動車/自動車 相談者 50代女性兼業主婦 争点 休業損害 方針 事故後、ムチウチで通院中に当事務所に相談があった。適正な後遺障害認定を受けることが最初の目標であった。14級の認定が得られたのちは、兼業主婦として主婦の休業損害をどの程度獲得できるかがポイントとなった。 結果 頚椎について14級が認定されていた。また、主婦の休業損害として約90万円が認められたことから、赤い本を基準に、自賠責での慰謝料75万円のほかに合計300万円の賠償を得ることができた。 コメント 後遺障害の等級認定を申請するにあたり、後遺障害診断書の記載を充実さ […]

慰謝料・逸失利益が大幅に増額した事案

事故態様 バイク走行中に右折車と衝突した事案自動二輪車/自動車 相談者 30代男性会社員 争点 慰謝料・逸失利益 方針 交渉では十分な提案が引き出せなかったため、紛セに申し立てた。 結果 総額180万円ほどの提案からはじまり、最終的に425万円の和解が成立した。 コメント 紛争処理センターの基準に従った再計算と共に、過失割合を5%ほど修正することに成功したことが大幅な増額につながった。

慰謝料・逸失利益が大幅に増額した事案

事故態様 幹線道路を横断中に前方不注意の車両と衝突した事案歩行者/自動車 相談者 80代女性主婦 争点 死亡慰謝料・逸失利益 方針 交渉では十分な提案が引き出せたため、和解。 結果 死亡慰謝料 1500万円 → 2000万円逸失利益 457万円 → 690万円 コメント 遺族固有の慰謝料が発生しない事案であったため、2000万円の死亡慰謝料のみで和解。逸失利益を詳細に主張することで、平均余命を基礎にした十分な逸失利益が獲得できた事案でした。

頚部について12級の後遺障害が認定された事案

事故態様 停車中に後続車両に衝突された事案自動車/自動車 相談者 40代女性会社員 争点 従前から存在した既往症について、素因減額されるべきか否か 方針 頚部についての後遺障害の認定を目指すこと、および、既往症についての素因減額をできるだけ減らすこと 結果 頚部について12級を獲得。賠償額は、730万円にまで達した。 コメント いわゆる、むち打ち症であったが、痛みや吐き気が重篤で、複数の病院に通院していた。そのため、頚部の行為障害診断書を作成してもらう病院の選定に慎重を期して行った。また、提携医による画像鑑定も行い、結果、12級の認定を受けた。賠償額については、交渉では折り合いがつかず、紛セへ […]

14級の後遺障害が認定されて兼業主婦の休業損害が認められた事案

事故態様 停車中に後続車両に衝突された事案自動車/自動車 相談者 40代女性兼業主婦 争点 兼業主婦の休業損害が認められるか 方針 むち打ちで通院中に相談を受けた。適正な後遺障害等級の認定を受けることを目標とし、人sて以後は、兼業主婦としての休業損害の十分な補償が目標とした。 結果 交渉では十分な提案を得られず、紛争処理センターへ申し立て。兼業主婦としての休業損害40万円が認められた。賠償額は合計で340万円に及んだ。 コメント 後遺障害申請に際して、後遺障害診断所の記載を充実したものにすることをサポートしました。紛争処理センターでは、主婦休損が発生する事案であることを合理的に説明する努力をし […]

通院交通費を大幅に増額した事案

事故態様 後続車両に衝突された事案自動車/自動車 相談者 30代男性会社員 争点 通院交通費、通院慰謝料についての保険会社の提案が妥当であるか 方針 交渉では十分な提案が引き出せなかったため、紛セへ申し立て。 結果 通院交通費は、1万円弱から25万円まで増額。通院慰謝料は10万円ほど増額した。 コメント 以前から通っていた接骨院への通院交通費と事故との因果関係が問題となった。当該接骨院へ通院する必要性を十分に説明し、全額ではないものの相当の通院交通費の増額が認められた。

醜状痕の後遺障害(14級)で慰謝料が増額した事案

事故態様 原付で走行中に後続自動車に追突された事案原付/自動車 相談者 20代男性アルバイト 争点 慰謝料についての保険会社の提案が妥当であるか 方針 交渉では十分な提案が引き出せなかったため、紛セへ申し立て。 結果 慰謝料が約90万円ほど増額した。 コメント ひざの醜状痕での後遺障害認定(14級)を受けていた。逸失利益の主張は困難な事案であったため、慰謝料を裁判基準で満額獲得するため詳細な主張をし、紛セでは主張通りの満額が認められた。

併合14級の後遺障害が認定された事案

事故態様 丁字路を直進中、右方から出てきた車両に衝突された事案自動車/自動車 相談者 30代女性会社員 争点 後遺障害が認定されるか。また、認定後の通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益について適正な賠償が受けられるか。 方針 被害者請求を行い、頚部及び腰部について、併合14級の認定を受けた。その後の賠償の提案が低額にとどまったため、紛セに申し立て。 結果 紛セでは赤い本基準でのあっせん案が提示され、2回の期日で解決に至った。 コメント 通院期間中に受任。通院方法、後遺障害診断書の記載内容について助言し、後遺障害の認定につなげました。

入通院慰謝料が裁判基準で認められた事案

事故態様 信号待ちで停車中の玉突き事故自動車/自動車 相談者 40代女性会社員 争点 通院慰謝料について相手方保険会社から低額の提案がなされていた。 方針 あくまで裁判基準での決着を目指す。 結果 裁判基準(赤い本)での満額の和解に成功。 コメント 紛セへの申し立ても視野に入れながら粘り強く交渉した結果、相手方保険会社の譲歩を引き出すことができました。

頚椎捻挫・腰椎捻挫で後遺障害14級が認定された事案

事故態様 踏切で停止していたところ後続車両に追突された自動車/自動車 相談者 30代男性会社員 争点 頚椎捻挫・腰椎捻挫で後遺障害が認定されるか。 方針 後遺障害診断書に記載すべき事項について助言をする。放射線診断専門医作成の意見書を添付し、自賠責保険に対して被害者請求を行う。 結果 頚椎痛、腰椎痛の症状それぞれにつき、後遺障害14級9号が認定された。 コメント 後遺障害診断書について詳細なアドバイスを行い、意思の意見書も資料として添付したことが有効であったか、無事に後遺障害が認定された。

退職後の逸失利益が平均賃金をもとに計算された事案

事故態様 信号待ちで停車中に追突された。自動車/自動車 相談者 20代女性会社員 争点 事故から約6ヶ月後に退職した場合に、逸失利益の基礎収入をどのように算定するか。 方針 基礎収入は事故前の実収入ではなく、統計上の平均賃金をもとに算出すべきと主張することを方針とし、紛争処理センターへ申し立て。 結果 主張が認められ、高卒女子・全年齢の平均賃金を元に逸失利益が算定された。 コメント 逸失利益の基礎収入については事故前の実収入をもとに計算するのが原則ですが、事故前よりも多い収入を得る蓋然性(がいぜんせい)が認められる場合には、その額を基準とすべきです。本件では、詳細な陳述書などを証拠として提出し […]

主婦休業損害・通院慰謝料を大幅に増額した事案

事故態様 歩行中に後退してきた自動車に衝突された。歩行者/自動車 相談者 70代女性主婦 争点 後遺障害認定を得られるか。休業損害、通院慰謝料についての保険会社の提案が妥当であるか。 方針 交渉で十分な提案を引き出すことができたため和解。 結果 後遺障害14級が認定された。休業損害82万円→329万円。通院慰謝料105万円→117万円。 コメント 保険会社からの通院費用の打ち切り要請に対して、症状を通院状況を詳しく説明して十分な通院期間を確保した。詳細な後遺障害診断書により14級の認定を受け、十分な主婦休業損害の提示が得られたことから交渉のみにより和解した。

14級の後遺障害が認定された事案

事故態様 交差点内で停車した際に追突された事案自動車/自動車 相談者 40代女性パート 争点 後遺障害認定を得られるか。休業損害、通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益についての保険会社の提案が妥当であるか。 方針 詳細な行為障害診断書に加え、画像鑑定書を添付して後遺障害の被害者請求をし、頚部について14級の認定を受けた。保険会社から裁判基準に比べて低い提案しかなされなかったため紛セに申し立てをしました。 結果 赤い本基準でのあっせん案が示され、2回の期日で示談成立。 コメント 通院期間中から相談を受けていたため、通院方法、後遺障害診断書の記載内容について助言し、無事、認定を受けることができまし […]

該当なしから異議申し立てにより後遺障害認定を獲得した事例

事故態様 停車中、後続車両が追突したことによる玉突事故自動車/自動車 相談者 40代男性会社員 争点 10か月に渡る治療をもっても後遺障害の自覚症状があったが、事前認定では後遺障害と認定されていなかった。 異議申し立てで後遺障害の認定を受け、適正な賠償を得ることを目的とした。 方針 事故直後から事前認定までの間にMRI撮影を受けていなかったので、新たにMRIを撮影し、専門医に画像鑑定を依頼。その結果をふまえて、詳細な意見書を付して異議申し立てを行った。これにより異議申し立てが通り、後遺障害として14級の認定を受けた。 結果 後遺障害14級を前提に、赤本基準の賠償を得るために紛セに申し立て、慰謝 […]

該当なしから異議申し立てにより後遺障害14級の認定を獲得した事例

事故態様 交差点内をバイクで走行中に一時停止のある右側交差道路から直進してきた相手方自動車と衝突転倒した自動車/自動二輪車 相談者 20代男性会社員 争点 大腿骨骨折後の真剣症状が後遺障害として認定されるかどうか。 方針 事前認定で後遺障害に該当しないとされたため、CT等の画像鑑定を行い、詳細な理由を付して異議申し立てを行う。 結果 後遺障害14級の認定を受け、これを前提に赤本基準の賠償を得るために紛セに申し立て、慰謝料、逸失利益についてもあっせん委員から十分な提示があり、和解が成立。 コメント 骨折箇所の癒合状況だけでは後遺障害の認定を得られず、異議申し立ての中で神経症状との整合性を主張する […]

第1事故の通院中に第2事故が起きた事例

事故態様 第1事故:停車中の玉突き事故 第2事故:右折待ちで停車中の追突事故自動車/自動車 相談者 40代男性会社員 争点 各相手方への請求、休業損害、通院慰謝料。 方針 第2事故の前日までの賠償を第1事故の相手方保険会社、第2事故から症状固定までの賠償を第2事故の相手方保険会社に請求。休業損害は、前年の年収。慰謝料は赤本基準という方針。交渉では十分な提案がなされなかったため、紛セに申立。 結果 休業損害は、前年の年収に通院日数を勘案した金額で和解。通院慰謝料は赤い本基準の満額で和解。 コメント 第1事故の通院中に第2事故が発生し、依頼者がご自身で解決するのは難しい事案となりました。休業損害に […]

兼業主婦の休業損害を請求した事例

事故態様 停車中の玉突き事故自動車/自動車 相談者 30代女性兼業主婦 争点 休業損害、通院慰謝料。 方針 交渉では十分な提案がなされなかったため、紛セに申立。 結果 休業損害は賃金センサス(平均賃金)を基準に、通院慰謝料については赤い本基準の満額で和解。 コメント 受傷の状態などを丁寧に陳述書にしたことにより当初提案よりも高い金額で和解ができました。

示談後に後遺障害が認定された事例

事故態様 相手方車両が道路を逆走して衝突した事故自動車/自動車 相談者 40代男性会社員 争点 傷害部分について相談者がすでに示談済み。その後、後遺障害が認定されたことに対する賠償請求。 方針 後遺障害に関する慰謝料および逸失利益を請求。 結果 後遺障害14級に基づく十分な賠償金額の提示があったため、和解が成立。 コメント 示談後であっても、後遺障害が認定される場合には、後遺障害分を別途請求できる場合があります。示談しているからとあきらめずにご相談ください。

後遺障害認定を獲得し、主婦の休業損害・逸失利益が認められた事例

事故態様 道路を歩行中、相手方車両と衝突した事故歩行者/自動車 相談者 70代女性主婦 争点 後遺障害が認定されるか。休業損害の金額、逸失利益は何年分認められるか。 方針 後遺障害診断書の作成にあたって、充実した後遺障害診断書の作成を実現するため、弁護士同行で後遺障害診断書の作成を依頼することにした。 結果 後遺障害の認定を得たが、交渉段階で相手方は逸失利益3年を主張。休業損害についても低額の提案にとどまった。そのため、紛争処理センターへ申立。東方の当初の主張通り、逸失利益5年、休業損害についても増額での和解が成立。 コメント 相手方は、本人が高齢なことを理由に逸失利益3年を強く主張。東方は、 […]

交渉に応じない相手方に対して訴訟で解決した事例

事故態様 交差点を青信号で直進していたところ、赤信号を無視して交差点に進入してきた相手方車両と衝突。自動車/自動車 相談者 60代男性自営業 争点 相手方が交渉に応じなかったため訴訟提起したが、相手方が訴状を受け取らない。 方針 現地調査を行い、付郵便送達(書留郵便の方法での送達)を裁判所に上申する。 結果 居住の事実を調査し、付郵便送達で手続きが進行。訴状は送達され、相手方から答弁書が出されたのち、当方の請求をほぼ認める内容の和解に代わる決定で解決。 コメント 相手方が交渉を拒絶したり、訴状を受け取らない場合であっても手続きを進行させることが可能です。あきらめずにご相談ください。

解雇後再就職までの休業損害が認められた事例

事故態様 道路を直進中、路外駐車場から出てきた加害車両と衝突したもの自動車/自動車 相談者 60代女性会社員 争点 事故当時、相談者は契約社員だったが、事故により欠勤が続き解雇された。解雇から再就職までの間の休業損害を請求することができるかが争点となった。 方針 元の職場の解雇証明書、就業規則等を準備して交渉。 結果 再就職までの全期間について休業損害が認められた。 コメント

異議申立てにより14級9号が認定された事例

事故態様 交差点内を直進中、対向車線から右折して来た相手方車両と衝突自動車/自動車 相談者 50代男性会社員 争点 ご依頼前の事前認定では、後遺障害は非該当であった。 方針 カルテを取り寄せ、内容を精査する。車両の損害状況についても資料を取り寄せて異議申立書に添付するなど追加立証する。 結果 事前認定では添付されていなかったカルテ、車両に関する資料を添付し、各資料から怪我に影響のある部分を指摘して異議申立てを行なった。その結果、後遺障害14級9号が認定された。後遺障害の認定に基づいて相手方保険会社と交渉し、後遺障害慰謝料、逸失利益を獲得した。 コメント 適切な資料を収集し、利用することで、後遺 […]

顔の醜状痕により12級14号の認定を受けた事例

事故態様 赤信号で交差点に進入して来た車両と横断中の自転車が衝突した自動車/自転車 相談者 50代女性会社員 争点 後遺障害の認定、慰謝料 方針 被害者請求を行い、顔の醜状痕で後遺障害12級14号を獲得 結果 後遺障害12級14号の認定を受け、争点となった入通院および後遺障害の慰謝料では赤本基準の95%で合意。 コメント 就業内容や顔の醜状痕の程度からして逸失利益を得ることは難しいと判断し、慰謝料をほぼ満額取得して交渉での早期の解決となりました。

法律相談のご予約はメールフォームからも可能です。お気軽にお問い合わせください。0120-057-077受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム