状況に応じた手法で

次のような方では、債務整理を検討してみても良いかもしれません。

・借金はあるが、利息の返済がなく、5年くらいの分割弁済であれば返済できそう。
・親類縁者に支援してもらうが、また借入するのではないかと信用されていない。
・住宅ローンや車のローンはこのまま支払いたい。

次のような方は、個人再生を検討してみても良いかもしれません。

・住宅は手放さずに、住宅ローン以外の借金の負担を減らしたい。
・安定した収入があるが、いまある借金を全部返すことはできない。
・破産で免責を受けられない可能性がある。

次のような場合は、自己破産を検討してみても良いかもしれません。

・収入が減ってしまい、分割返済の目処が立たない。
・今後、子育てなどに支出があるので一から出直したい。
・債権者が多くて、収拾がつかない。

法律相談のご予約はメールフォームからも可能です。お気軽にお問い合わせください。0120-057-077受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム