顧客のための弁護士?

顧客サービスのための顧問弁護士とは、顧問先のみならず、その顧客または取引先に対しても、顧問先のご紹介で法律相談を提供するサービスです。

顧問先や取引先に、自社の顧問料負担で無料の法律相談を利用させることにより、自社のブランドや客先からのロイヤリティを高めます。

サービスで差別化

例えば、不動産仲介業、保険代理店、税理士事務所などでは、数多くの顧客を抱えています。

その中には、賃料滞納や契約解除、離婚や相続、倒産や事業承継などの法的な問題を抱えている顧客も少なくありません。

そうした際に、顧客に自社の顧問弁護士を利用してもらうことで、自社のサービスに付加価値をつけ、それをアピールすることで同業者と差別化をすることができます。

具体例

不動産仲介業であれば、自らの顧客の未収賃料や明渡しの法的手続きにスムーズに弁護士と連携できることをアピールできますし、遺言や相続などの事前のご相談を顧問弁護士に任せることで専門的な回答を避け、かつ、顧客を引きつけておくこともできます。任意売却の顧客に対して債務整理の場面まで面倒を見ることができることも大きな信頼につながります。

保険代理店では、損保なら交通事故、生保なら相続、そのほか離婚や借金問題など、数多く寄せられる様々な法的問題を自ら抱えることなく、顧問弁護士につないでいくことで、顧客サービスを充実させ、顧客の維持と満足度の向上を図ることができます。

税理士事務所でも、労務問題、売掛金回収、事業再生など、顧客から寄せられる様々な問題を顧問弁護士と共に相談に当たることができ、顧客の経営上の問題を早期に解決し、健全経営の一助として顧客の維持と事務所の発展に寄与することができます。

そのほか、活用法はそれぞれの企業ごとに様々です。

いくつかの業界ごとの活用例をまとめてみましたので、ご参考にされてください。

顧問弁護士を自社の守りとするだけでなく、事業拡大のためのプラスの武器として活用する方法を一緒に探してみませんか。

法律相談のご予約はメールフォームからも可能です。お気軽にお問い合わせください。0120-057-077受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールフォーム