2010年7月

2010-7

過去のトピックス〜2010年7月

H22-07-02
プロミスの希望退職募集、全従業員の36%応募(朝日新聞)

アイフル,武富士ときて,銀行系のプロミスも事業縮小です。
アイフルは事業再生計画のがけっぷち,武富士は社債償還などのたびに資金繰りに汲々としている,とそれぞれの従業員が言っています。

H22-07-02
おじいちゃんおばあちゃんへの交通安全絵手紙作戦(群馬県)

死亡事故の多くは,歩行中もしくは自転車に乗っている高齢者と自動車の衝突事故です。
高齢者をみかけたドライバーには細心の注意が必要ですし,高齢者も側道から自転車で飛び出すようなことがないように注意してほしいと思います。
私の事務所では昨年の市内の死亡事故件数の3割にあたる事故の代理人(被害者側)になりましたが,すべて高齢者が死亡したケースでした。
また,歩行者側には過失がないと認定されるケースがほとんどでした。
事故を起こしたいと思って運転している人はいませんので,歩行者を見かけた,側道がある,停車中の自動車の隙間から人が出てこないか,右折時に死角がないかなど,とにかく細心の注意をしながら運転をしましょう。
私も自動車を運転しますので,改めて自戒することにします。

H22-07-02
路線価 前橋、県庁所在地で最下位(読売新聞)

全国で最下位ですか・・
県庁を高崎に移せばもう少し上位になりますね。
それはさておき,最近では競売市場などは値が上がり始めている気がしています。
全体としてもそろそろ反転するかなと思っていますが,バブルのように全体が上がることはなく,使い勝手のある不動産がひっぱっていくのでしょうね。
不動産の価値が上がっていくということはそれを使う事業に活気がある,街に価値観を見出している,ということですから,金融面のみならず社会の活力の大事な指標です。
最近は勝ち組負け組とは言わなくなってきましたが,今をチャンスとしている企業もたくさんあります。
各地にバブルの遺産のような権利関係がこじれて放置されている不動産が多くあり,使い方によってはかなりの価値を生むものもあります。
最近,私のところではそういった不動産売買交渉の仕事も増えています。
そうした仕事は,魑魅魍魎のような人物が次から次に現れたり,複雑な権利関係を解きほぐして見せたり,激しい交渉をしたりして,やっててかなり楽しいです。

H22-07-07
足利高と太田高が3年に1度の対抗戦 スポーツやクイズなどで激突(下野新聞)

対抗戦だ。
なつかしいなぁ。

H22-07-17
売る極意は「売ることをあきらめる」ことを実感(Business誠ブログ)

自分に合ったやり方で誠実に向き合え,ということですね。

H22-07-21
群馬県内部資料が流出 理美容室の調査内容 ファイル交換ソフトで(産経ニュース)

職場のデータを持ち帰ってウィニーの入ったパソコンに保存する人が未だにいるんですね。

H22-07-21
グーグル、風力発電の電力購入 20年間の長期契約(産経ニュース)

グーグルというとネットの中だけにある企業のように感じますが,データセンターなどの実体もあるんですよね。
今のところ人間が仮想を作り出しているように思いますが,ネットそのものが仮想を作り出すようになると,いよいよ別の時代に突入するかもしれませんね。

H22-07-21
賃貸保証制度協議会、第4回総会・記念講演会を開催「賃貸住宅居住安定化法への全面対応を」/日管協(R.E.port)

この協議会の顧問の弁護士が解説しているページがありました。 現場では,流れによっては,大きな影響が生じうる法律だと思います。 弁護士にとっても,ビジネスチャンスであり,また規制の対象にもなっているという両面で,無関係ではありません。

H22-07-26
中学生の『税についての作文』を募集します(群馬県)

この宿題を,すべての公務員,国・市町村の全議員の夏休みの宿題にして,ネットで公開してほしいものです。

H22-07-26
ソーラーカーレース 太田の熟年チーム出場へ(読売新聞)

熱中できるってのはとてもいいですね。 子どもにも熟年にも,負けてられません。

H22-07-30
警官など名乗る詐欺 館林の女性99万被害 群馬(産経ニュース)
警察官かたる詐欺、太田で98万円被害 群馬(産経新聞)

自宅にキャッシュカードを取りに来るという手法のようです。 気をつけましょう。

「太田市のホームページからお越しの皆様へ」

 7月1日から太田市のホームページにバナーを貼ってもらうことになったので,そちらからお越しの方に,せせらぎ法律事務所の簡単なご紹介を。



 せせらぎ法律事務所は,平成20年に開設され,弁護士1名,事務員3~4名で運営されています。



 取り扱いが多い分野は,会社の資金繰り相談,債権者との交渉,新規事業の立ち上げなど,会社再建にかかわるものです。最近は世相を反映して,個人の債務整理,民事再生,自己破産の手続きも増えています。



 またそれらに関連して不動産の売買や相続に関してもノウハウがありますので,不動産・相続のことはなんでもご相談ください。



 債権回収・損害賠償などの訴訟事案も多く扱っていますので,売掛金の回収や交通事故の保険金請求なども手掛けています。



 反対に,次の種類の事案は取り扱っていません。



①暴力団やその関連する会社・人からの依頼

(暴力団に対するお悩みのご相談はお受けしています。)



②外国語を使用する業務

(日本語と日本法で業務ができるのであれば,外国人の方からのご依頼もお受けしています。)



③医療過誤の事案

(知識と経験がないので,ご遠慮しています。)



 明るい雰囲気で,のびのび仕事をしていますので,「自分の悩みは法律問題かも」「身近に弁護士を知っておきたい」と思われた方はお気軽にご連絡ください。



 今は紛争や案件はないけども,会社経営のために身近に弁護士を知っておきたい,ということでお話しをされに来る方も多くいらっしゃいます。



 ホームページはちょくちょく更新していますので,皆様に有益な情報があれば提供していきたいと思います。



 当事務所のホームページをご覧いただき,ありがとうございます。

(さらに…)