2010年8月

2010-8

過去のトピックス〜2010年8月

H22-08-03
犬の熱中症に注意を(上毛新聞)

犬も暑いでしょうね。気をつけましょう。

H22-08-03
橋下氏が市長転身?後継は辛坊さんとのウワサ(読売新聞)

賛否や評価はともかく,この人は人生の傍観者ではないことは確かですね。
参照:人生の有限感(Chikirinの日記)

H22-08-11
ソフトバンクアカデミア開校式。文字おこし(もじまと)

生き残り戦略の孫氏の兵法と突破型のランチェスター戦略を,階層分けしてうまくまとめていますね。
と,評論家らしく言うのは簡単ですが,本気で考え出して実践して血肉にするのとは,大違い。
それはともかく(それどころでないので),4日間ほどいただく夏季休業の間に,なんとか一冊くらいは本を読みたいと思っています。
仕事ばかりしていて,どうも視野が狭くなりがちなので。

H22-08-17
SUBARU:ファクトリーストーリー

これで工場見学に行ったことに。
工場見学のサイトがリンク切れになっているんですが・・・

H22-08-29
中島飛行機 地下工場跡の往時伝える(東京新聞)

イオン太田店の敷地内にも戦時中の高射砲の台座が保存されていますが,太田市・大泉町には軍需産業の町だった面影がいたるところにあるんですよね。
いずれ地下工場跡にも見学に行きたいと思っています。

H22-08-31
ひこにゃんにファンクラブ 滋賀・彦根、5千円で入会(47NEWS)

一昨年から昨年にかけて彦根に行く機会があり,彦根城にも登りました。
彦根城は琵琶湖のほとりの平城かと思いきや,小高い丘の上にあり,歩くのも楽ではなかった記憶があります。
wikipediaで調べると,ああいうのは平山城(ひらやまじろ)と言うのですね。
江戸城を思わせる堀の作りで,好きなお城の一つです。
太田市でも,ひこにゃんに対抗して金ゴンとか作ってみては・・・

H22-08-31
グリー田中社長が明かした創業当初の苦労、「サーバー代は…」(日経ネットマーケティング)

日本での「得体のしれない」新規事業の立ち上げの難しさがわかります。
年寄りには得体が知れなくても,これはいけると直感的に思った本気の若者にチャンスが与えられる環境は,社会にとって必要です。
最近は,初めから海外仕様のビジネス設計をしておくべきだと言う考え方と,日本で成功させることでモデルを洗練してから海外に進出すべきだという考え方とが同時に語られています。
いずれにしても,縮小均衡するだけでは多くの人に利便性を提供していくことはできません。
若者は,自分が新しい社会を作るという意気込みで,大きく風呂敷を広げるべきです。

「ふぅ」

 ほんとに一瞬の夏休みでしたが,丸一日は休め,ずいぶん助かりました。



 本も3冊ほど読め,映画も見て,休み明けからは事務所の新しいデータベースの運用も開始できそうで,そのためのマニュアルも作ることができました。



 これまでの事務所で使っていたデータベースは,マイクロソフトのAccessを利用したもので,友人に作ってもらったものでした。



 それでも名簿と事件簿,預り金を一元的に管理できていて大変重宝していたのですが,いちいちAccessの入ったパソコンに行かねばならず(わざわざクライアントごとに買うのが・・),また,事件簿の情報が少ないという不便がありました。



 ほかにもいろいろと理由があるのですが,ブラウザで使える市販のものに変えました。



 これで脳に頼っていた利益相反チェックからも脱皮でき,聞いたことある名前だな・・,なんて不安もなくなりそうです(^^;)



 サーバーのメモリを増強するために久しぶりにメモリを買いましたが,ひとケタ違うんじゃないかってほど安かったです。



 ちょっとの工夫とコストで,対応のスピードや正確性・効率性アップが出来るなら,依頼者にも私にもお得ですから,やって損はないですよね。



 さて,腹をくくって,また明日から働きます。

(さらに…)

「夏季休業」

 弁護士になって1,2年目のころに,8年目くらいの弁護士に「いつ頃の時期が一番忙しかったですか?」と聞いたところ,「今」という返事をされたことがありました。



 その時は,そういうものかな,とも思いつつ,見栄張っちゃって,とも思っていましたが,今はそれがウソや見栄ではなかったことがよく分かります。



 私も今そう聞かれたら「今」と答えそうです。



 原因はいろいろと考えられます。



 単に仕事の量が増えているのかもしれませんが,そのほかにも,処理に慣れてきて細かい時間にも詰め込みがちになることや,業務以外のやること(プライベートでもない)が増えていることも原因と思われます。



 世の経営者やその予備軍の方々もそうでしょうが,弁護士も業務以外にやることがたくさんあります。



 たとえば,弁護士の多くは,社会的弱者の権利擁護のためのボランティア活動のようなものに従事しています。私もそうしたものに時間を割いています。



 また,最近は法改正や実務の動きが早いので,業務に関連しない分野でも日々の勉強や研究が欠かせません。



 しかも,弁護士の多くは,弁護士であり経営者でもありますので,経営に関することもこなさなければなりません。



 多くの経営者が「経営」に時間を割けないのと同じように,多くの弁護士も「経営」に割く時間はほとんどありません。法律事務所の運営形態が古めかしいのも,こういうところに原因があるかもしれませんね。



 ただ,弁護士の場合には「経営」をしていないという自覚を持ちやすいですが,一般の企業の場合には,操業をしていると経営しているような気持ちになってしまうので注意が必要です。



 日常業務の中にヒントがあるにしても,「経営」に必要な分析と判断を,日常業務の視野と注意力の中で行うのは至難の業です。



 正月よりは不向きですが,夏休みのうちの少しでもそうした時間にあててみるのもよいかもしれません。



 私は無理そうですが・・・



 忙中閑あり。一層頑張ります。



・・・ので,ひとまず4日ほど休ませてください(^^)

(さらに…)