2012年12月

「web関係のブログ棚公開」

 せせらぎのホームページのトピックスも冬期休業モードのゆるい記事になってますので、こちらでもゆるめのネタで。

 私は、弁護士法人せせらぎ法律事務所の代表社員ですが、同時に、広報部門所属のホームページ制作責任者でもあります。

 そのため(というより単に趣味ですが)、ネット関連、特にホームページ制作の情報収集はコツコツやっています。

 そのリストをアップしようと思うのですが、ちょっと前フリが長くなりますが、私がホームページ制作に至る経緯を少し説明させてください。

 今からさかのぼること17年前、windows95が発表されました。

 当時、私は大学1年(関西にいたので1回生)で、大学にも行かず暇にしていましたのでテレビでそのニュースを見て、さっそくwin95のパソコンを買いに行きました。

 大学でもwin3.1のパソコンをいじることはできましたが、なんだか使いにくく、win95のパソコンに感動したものです。

 そのころは、Yahoo! JAPANもなく、パソコンを買ってまずすることと言えばパソコン通信でした。

 当然のように、ニフティに加入し、パソコン通信の自己紹介板に投稿し(当時はまだ牧歌的で、本名と学校名なども記載してアップしていました)てメール交換などを楽しんでいたものです。

 そのうちに、Yahoo!が出てきてホームページの検索やディレクトリができたので、ホームページを閲覧するようになり、すぐに俺も作ってみるか、ということになりました。ヒマでしたから。

 そこで、本屋でHTMLの本を1冊買い込み、3日間くらい部屋にこもって(普段からこもっていましたが)、最初のホームページを作成しました。

 最初に作ったホームページは、当時好きだったテレビドラマシリーズの全話を解説したもので、著作権違反の画像をふんだんに使ったものでした。

 当時の私は法学部の学生でもなく、著作権のことなどあまり気にしていなかったので、そのままYahoo!に登録して喜んでいたところ、全国紙の雑誌にまで掲載されてしまい、そこであわてて削除するような始末でした。

 そのころはCSSもなく、HTMLのみで作るいわゆるtableレイアウトという手法でサイトをデザインしていました。

(簡単に説明すると、ホームページというのはHTMLというテキストをブラウザーというソフトで読み込んで表示しています。その際にHTMLにすべてを記載する方法と、CSSといって外部ファイルにデザイン部分のみを抽出する方法があるのです。昔はそのCSSがなかったので、デザイン部分もHTMLに記載するしかなく、表形式の積み重ねで表示場所やフォントの調整などをしていたのでした。)

 その後、法学部に転部し、大学にも行き始めたため、ホームページとは疎遠になってしまいました。

 それから15年経ち、平成20年、勤めていた法律事務所を退職して独立することになりました。

 すでに法律事務所もホームページを持つ時代になり、自分の事務所を持つ際はぜひホームページを持ちたいと思っていたところ、業者に頼めば良いものを、昔とった杵柄で作ってみようと思い、作成を開始しました。

 ところが、時代は変わりホームページ作成の技術もまったく様相が変わっていました。

(まだまだ長くなりそうです)

 まず、CSS(スタイルシート)が全面的導入されていました。そして、フラッシュという動画技術が使われていました(わずか4年前ですが平成20年ころはまだフラッシュ全盛でした)。

 さらには、ブログというかつてないサービスも登場しており、ホームページ作成のハードルが上がったのか下がったのか、世間を離れていた浦島太郎の心境でした。

 結局、ホームページのテンプレートを売っているサイトでHTMLとCSSのファイルを購入し、それを編集する方法で取り組みました。それが最初のせせらぎ法律事務所のホームページでした。

 太田市ではまだわずかな法律事務所でしかホームページが公開されていませんでしたので、事務所開設当初からホームページを経由してご相談いただくことも多く、作ってよかったと思ったものです。

 その後、Chromeなどの新しいブラウザーの台頭とテーブルレイアウトの限界、CSS3への移行を見据えて、平成23年8月に今のホームページに全面リニューアルしました。

 リニューアルに際して、CSS3の導入、javascriptの導入のため、半年の学習期間と半年の準備期間を経て、ようやく公開にこぎ着けました。

 素人の作ったサイトですが、今回のリニューアルに向けて、CSSを勉強し、コピペのレベルですがjavascriptをいじれたのは楽しかったです。

 そのリニューアル以降、ホームページ作成の知識にブランクを作らないために閲覧するようにしているのが次のブログリストです(ようやく本題です)。

 KACHIBITO.net
 TechCrunch
 コリス
 webクリエイターボックス
 ホームページを作る人のためのネタ帳
 Web Design KOJIKA17
 Webデザインクリップ
 Weblog Endoutakae
 Design Spice
 Lopan.jp
 Webpark
 Webデザインレシピ

 もちろん毎日こんなに見ているわけではありません。せせらぎのトピックスの更新も10分そこらで書いていますので。

 しかし、ネットの世界の動きはとても早いので、もう前回のように10年以上間を空けたら二度と追いつけなくなってしまいそうなので、チェックを続けるようにしています。

 次のホームページの大リニューアルは、おそらくスマホやタブレット対応のレスポンシブな作りにする必要に迫られ、かつ、自分の画像作成と編集(写真撮影と描画)の能力を高め(あきらめてPhotoshop買ったりして)、せせらぎの業務分野に大幅な改変がなされるタイミングに合わせて、行うことになると思います。

 まぁ、4年後ですかね。
(さらに…)

2012-12

過去のトピックス〜2012年12月

H24-12-6
<全面可視化>取調官、半数以上に抵抗感 警察庁調査(毎日新聞)

取り調べだけでなく、被害者からの聞き取りですら、ひどい対応の警察官・検察官はごまんといます。
絶対に、全件、入室から退室まですべて録画録音すべきです。
政治家も、違法な捜査の手が自分たちにも及ぶと知って、ようやくこの件を真剣に考え始めたように思います。

H24-12-8
不法滞在者にも「行政サービスを」(朝日新聞デジタル)

別に不法滞在者にこれまで以上に手厚くサービスしろ、ということではなく、入管法の改正で誤解して、これまで行われていたサービスをやめるようなことがないように、と注意喚起(国も同様に言っているのです)するものです。
また、運用が市町村任せなので、国や県はもっとサポートすべき、とも求めています。
集まっていただいた記者さんたち、ありがとうございました。

H24-12-25
倒産防ぐためいかに銀行の尻を叩くか 新政権は出資規制緩和をどうするのか(JCASTニュース)

DES(負債を株式に転換すること。要するに債権者だった銀行が株主になり、単に返済を求めるだけでなく経営側に回って再建に関与すること)まで踏み込んでもらえることはきわめて稀です。
銀行主導で再建策をいくら検討しても、銀行自らの身を切る思いきった方策が出ず、結局行き詰まるということが多いように思っています。
タイミングは難しいのですが、どこかの段階で債務者主導の再建策に切り替える必要があります。

H24-12-26
全国高校ラグビー:創部106年目、太田悲願の初陣(毎日jp)

応援には行きませんが、母校ですのでがんばってもらいたいと思っています。

H24-12-27
交通事故の示談はなぜ、損保会社任せにしてはいけないか(PRESIDENTonline)

自賠責の範囲内だとまだマシなことが多いですが、それを超える場合に損保からなされる提案の多くは裁判基準を下回るものです。
そのまま受け入れず、必ず弁護士のチェックを受けて下さい。

H24-12-28
僕の考えた最強の一人暮らしセット(フューチャーインサイト)

冬期休業に突入したので少々ゆるいネタで行こうと思います。
当事務所は、来年2月に事務所の移転(太田市内です)を予定していますので、この記事の中からいくつかを導入して新しい雰囲気で事務所作りをしたいと考えています。

H24-12-28
起業してWEBサービスで10万ユーザー獲得までの半年で行った7つの事(バズ部)

WEBサービスに限らず、起業の際に意識すべきことのいくつかに対する正しい指摘だと思います。
とかく「何がしたいか」と考えがちですが、現状認識から出発してそこに至るプロセスをきちんと組み立てられる能力が必ず求められます。

H24-12-29
経営者の顔写真を見せない日本企業の不思議 成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか【第2回】(現代ビジネス)

当事務所も写真を載せています。
誰にも話さない秘密を話すのに、相手がどんな人かわからないというのでは不安ですよね。
もちろん写真や文章だけですべて伝わるわけではありませんが、少しでも安心して相談にいらしていただきたいと思ってのことです。
特に地方ではまだそこまでしていない法律事務所が多いですが、顔写真を載せていることでの業務上の不都合や生活上の支障が生じたことは一度もありません。

H24-12-29
やらないことを3つ決めよう!(chikirinの日記)

私も来年の「やらないこと」を決めています。
さらには「やること」も限りなく絞り込んでいこうと考えています。
弁護士も増えたことですし(当事務所にも、世間にも)、そうしたことが可能な状況になってきたのではないかと思います。

H24-12-29
ヨドバシカメラ:書籍 注文当日に無料配送(毎日jp)

ヨドバシカメラは商品棚にQRコード(バーコードみたいなもの)をおいて、ヨドバシカメラのネットショップに誘導しようとしています。
これは明らかに店頭で商品を見て、スマホを使ってkakaku.comで値段比較する顧客向けの対抗策です。
先日買い物に行ったところ、店頭価格の方がkakaku.comよりも3000円も安く(kakaku.comで1万円、店頭で7000円)びっくりしました。
まだまだ不十分ですし、Amazon.comを批判するあまりKindleを店頭で売らない措置をとったりしていますが、ヨドバシカメラのような良い店舗には、もっと正面から真っ向勝負を挑んで勝ち残ってもらいたいところです。

H24-12-30
父親になってから見ると大泣きする映画(映画格付)

映画鑑賞は私の数少ない趣味の一つです。
たしかに、徐々に「家族の無償の愛もの」に弱くなっていきますね。