2013年12月

2013-12

過去のトピックス〜2013年12月

H25-12-5
★一目で分かる関西と関東の「きつね」「たぬき」の違い(ねたたま)

はじめて群馬から出て京都に住むことになり、最初のバイト先での昼食時の出前で私が「たぬきうどん」を頼んだ際、届いた出前のどんぶりを仲間のバイトがそれぞれ手にし、最後に一つ残ったどんぶりが「油揚げがのったあんかけうどん」で、まだウブだった私は「俺のたぬきうどんは?」と言うことも出来ず、やむをえず誰かが頼んだあんかけのきつねうどんを食べざるを得なかった、という経験があります。
結局、京都でしばらく暮らすうちに「たぬきうどん」には油揚げがのっている(そして、あんかけ)ということを理解したのです。
なんのことはない、一つの思い出です。

H25-12-9
日立社長:本社機能の一部、来年にも海外移転へ(毎日新聞)

ホワイトカラーの海外移転というのはしばらく前から言われ始め、最近では、経団連のお偉方を輩出するような企業でも躊躇なく行うようになってきました。
企業年金の事務手続きはフィリピンで、経営戦略の立案はインドで、販売部門のトップがアフリカに事務所を構えるということも、そう遠くない将来の話かもしれません。
草津温泉には生涯一度も行かないけども、海外には毎月行きます、という日本人も増えてゆくのでしょうね。
日本の温泉地が外国人だらけになり、ジャカルタやデリーに日本人が増えてゆく、という時代かもしれません。これからは。

H25-12-9
一日中小企業庁inぐんま(群馬県産業経済部)

来年1月29日の開催だそうです。
わが群馬弁護士会も協力しているようです。

H25-12-10
弁護士団体「やっこさんは白だな」百貨店発売へ(読売新聞)

これは・・・やるな!
協同組合にしてこの実行力。さすが関西。
もっとストレートに、ゴマ豆腐に「推定無罪」という名前をつけるのも、グレーなジョークとしてよさそうです(^^)

H25-12-14
増えすぎ?弁護士ジリ貧 2割が所得70万円以下(神戸新聞NEXT)

訴訟件数は減っている、弁護士は増えている、というのは確かです。
また、弁護士全体として収入の少ない層の割合が増えていることもそのとおりでしょうが、急激な増員で若手の比率が高まっているので、当然と言えば当然と思います。
ただ、本当に所得70万で生活できているとも思えませんので、副業をしているとか、引退直前で仕事を減らしているとか、そういう状況の方も相当数含まれているのではないでしょうか。
こういったニュースを文言通りに受け取って悲観的になる必要はなく、まだまだやるべきことがたくさんあり、明るい未来が待っている 有望な業種であると、思いたいところです。

H25-12-16
歴史が証明!アベノミクスへ「ジム・ロジャーズの教え」(PRESIDENT online)

私は、株も金属も先物も一切やりませんので、仕事でも投資についてはアドバイスをしていません。
それでも、このインタビューの内容は、スッと理解できた気がします。
こういうフラットでブレない視点を自分の中に持っていたいものです。

「冬休みに向けてスタートダッシュ」

 一週間続いた忘年会ラッシュを終えてこの三連休は時間が取れたので、すでに冬休みに入っている子どもたちと遊んでました。

 初日は、地元の金山(かなやま)を散策。結構な距離を歩きました。

 朝、お弁当をもって出発。親水広場のところから御城橋(みじょうばし)を通って山頂の新田神社へ。

 そこから展望台のある駐車場へ向かい、こどもの国へ。そこで、お昼ご飯を食べてひとしきり遊び、プラネタリウムで「ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~」を見て、同じ道を戻り、展望台の駐車場から大光院へ抜ける道を通って下山してきました。

 地元の方ならお分かりでしょうが、なかなかの距離のハイキングでした。しかし、8歳の息子と6歳の娘も元気良く歩いてました。

 そして、今日は朝から太田イオンにウォーキングwithダイナソー(3D)を見に行ってきました。

 この間、子どもたちは、そろばんに行ったり、スイミングに行ったり。まったく、疲れを知りませんね。

 この調子で正月休みを過ごすつもりはないので、ほどほどに手放し運転して、正月らしい、思索と仕切り直しのためのリフレッシュをしたいと思っています。
(さらに…)

「弁護士・司法修習生を求めています」(募集は終了しました。)

 少し時間をかけながらですが、一緒に仕事をしてくれる弁護士を探し始めました。(現在は終了しています。)

 現在、司法修習生の方でも、すでに弁護士として経験のある方でも構いません。

 イメージとしては、新規登録の弁護士の方であれば、3年くらいは太田市の事務所で様々な事件を担当してもらい、力が付いてきたところで、事務所の基幹業務の一つをになってもらうか、事務所の新展開の中心になってもらうか、新規事業の立ち上げをしてもらうか、という感じです。<抽象的すぎますね(^^;

 いずれにしても、ながく一緒に仕事ができる人を希望します。

 現在、せせらぎ事務所に所属している3人の弁護士は、それぞれに縁があって一緒にいます。

 簡単に説明すると、私と飛田(とびた)弁護士は、吉祥寺の中村法律研究所の同窓生で受験仲間でした。また、飛田弁護士と中尾弁護士は、熊本修習の同じ班でした。そして、私と中尾弁護士とはニコファーレで初めて会いました。

 ある意味では偶然の縁ですが、袖振り合って縁とするかどうかは、自分の考え方と気持ち次第です。

 偶然このページを見つけて応募を考えるというのも、ほとんどはgoogleのおかげかもしれませんが、一歩を踏み出すのはあくまで自分だと思うのです。それが縁です。

 さて、本音を少し言ってしまうと、あまりたくさんの方に応募されてしまうと、ちょっと困ります。

 というのも、応募していただいた方とは、うなぎでも食べながらじっくり話したいと思うのですが、あまりに多くの方がいらっしゃると、私の減量計画に支障が出ますし(これは冗談です)、あまり候補が増えすぎると逆に選べない、という現象が起きることを心配しています。

 それなので、皆さんの側で、当事務所が応募に値する事務所かどうか良く吟味して、やめとこう、というときはやめておいてください。お願いします。

 また、先ほども書きましたが、私たち三人は採用で知り合ったのではないこともあってか、仲が良いです。

 それなので、皆でここでは書けないようなことをしてふざけていることもありますので、一緒に仕事をすることになった方に、そういう適性もある、と察知したときには、無理矢理に巻き込んで行くこともありますのでご注意ください。

 あ、こう書くと男を募集しているのだと誤解されそうですが、女性の司法修習生、弁護士も大歓迎です。男性を採りたい、女性を採りたい、ということは決めていません。

 今、せせらぎ事務所は、とても仕事が増えています。理由はいくつかありますが、事務所開設から6年目を迎えて少しは地元で知られ始めてきたこと、一度ご依頼いただいた方が弁護士の良さを知って再度の依頼や紹介をして下さること、東京の法律事務所が出すラジオCMの余波、などでしょうか。

 しかし、私が事務所に弁護士が増えるのもいいなぁ、と思う理由は仕事量が増えているからではありません。

 それは、弁護士のキャリア形成にかかわります。

(以下、縷々書いたのですが長くなったので削除しました。興味があれば聞きにきて下さい(^^)

 そういうわけで(笑)、弁護士が増えることは自分たちにとってもお客様にとっても、良いことだと思うのです。

 長くなりましたので、まとめます。

 要は、私の中の語感の問題なのかもしれませんが、事務所で働く弁護士を採用したいのではなく、一緒に仕事をしてくれる弁護士を探したいということです。

 しょうがない、行ってやるか、という方はぜひご連絡ください。
(さらに…)