カルテの記載を発見して後遺障害が認定され1400万円を増額した事案

事故態様横断歩道を歩行中に車が衝突した事案
自動車/自動車
相談者70代
女性
主婦
争点病院が因果関係を否定するために後遺障害が取れておらず、保険会社から提示された金額が低いとの相談。
方針病院が後遺障害を否定する理由が、足の痛みとの因果関係が不明であるとのことであったため、保険会社から記録を取り寄せて記録を精査した。
すると、初診当時に足の痛みのために薬が処方されていることが判明した。
そこで、病院へ赴き、当時の記録を見て貰ったところ、足の痛みについての記載が見つかった。
10級11号が認定された。
結果90万円→1500万円
コメント病院が症状との因果関係を否定していたため、まずは病院を説得する材料を見つけ出すことに注力した。
本人や家族に繰り返し聞き取りをしたことが解決の糸口となった。
医師との面談に際して、診断書等を根拠に、治療当初からの痛みの存在の可能性を指摘することができたことからカルテを時間をかけて調べてもらうことができたと思う。
その結果、治療当初から病院側が足の痛みを認識していた旨の記載が発見されることとなった。
弁護士の病院同行が後遺障害の獲得に結びついた事案であった。